Top > mnavi Academy Computer Music > 第28回:Q&A企画再び『魁!!SONAR塾2009』2時間目!の巻

computermusic Back Number

第28回:Q&A企画再び『魁!!SONAR塾2009』2時間目!の巻

タカユキ(T):ついに政権交代しましたね~。ほんと景気を何とかしてもらいたいっすよ!

ヨシノリ(Y):だよね~。高速道路の無料化とか子供手当とか、本当に実現するんでしょうか。

T:俺が政治家だったら、マニフェストとして『SONARのアップデート無料化』を掲げますよ! さらに、子供手当法案として『中学生までの子供1人につきMusic Creator4を支給』します!!

Y:そんないい加減なことばかり言ってたら、政権交代ならぬ、ライター交代になっちゃうよ!

T:そうなる前に、もっといい記事を書かないと! コンピューター・ミュージックも政治も、実行が大事なんですよ!

Y:すみません。オレたち、政治をネタにしてもこの程度で~す(涙)。では前回から引き続きまして、今月も『魁!!SONAR塾2009』をお送りいたします!

SONAR 8 PRODUCER

▲画像1:SONAR 8 PRODUCER

"ロボ声ボーカル"ってどうやって作るの?

●Q7:最近流行っている"ロボ声ボーカル"って、SONARでも作れるの?

A:"V-Vocal"を使えば、誰でも簡単に作れますよっ!

ロボ声にしたいオーディオクリップで"V-Vocal"を起動します。そして、[VIBRATO]ツマミを【0(ゼロ)】、[SENSE]ツマミを【100】に設定し、[CORRECT]ボタンをクリックすれば、アッという間にロボ声にすることができます!!

▲画像2:右がV-Vocal画面。ポイントは、ビブラート最小、センス最大! これで、一発ロボ声変換!!

▲うわっ。ソウルフルなつもりが......下手クソ......(Before)

▲よかったぁ~。これなら使えるかも......(After)

V-Vocalについては、バックナンバー『第10回:いけ!いけ!ぼくらのV-Vocalの巻』で、たっぷりと解説しています。今回紹介したロボ声だけでなく、ボーカル・トラックのピッチ補正など、基本的なV-Vocalの使い方を紹介していますので、ぜひ、こちらも参考にしてみてください。今まで使ったことがない方も、これを期にV-Vocalを導入してみてはいかがでしょうか?

【参考】
第10回:いけ!いけ!ぼくらのV-Vocalの巻

"Beatscape"や"Guitar Rig 3 LE"が見当たらない!?

●Q8:"Beatscape"や"Guitar Rig 3 LE"が、プラグインの一覧に表示されません。もしくは、プリセット(ライブラリー)がありません! どうして?

A:正常にインストールされているか、VSTiとして登録されているか確認しましょう!

プラグイン・ソフトをインストールする際に、インストール先をデフォルト(初期設定)以外の場所に指定すると、このような現象が起こることがあります。また、インストールの際に、VST(VSTi)プラグインとして正しく登録されなかった場合、または、正しく登録されていても表示が無効となっている場合に、同様のことが起こります。

私もかつて、このトラブルでパニックに陥った経験がありますが、実は簡単に解決できるんです! 慌てないでくださいねっ~。ローランドWebサイトの下記サポート・ページに解決方法がしっかりと記載されていますので、焦らずじっくり読んでみてくださいっ。

【参考】
[サポート]―[Q&A]―[SONAR 8 PRODUCER]
付属の Beatscape や Guitar Rig 3 LE が SONAR のプラグインの一覧に表示されません。

フリーウェアのフラグインを利用するには?

●Q9:新しく入れた、フリーウェアのプラグイン・シンセやプラグイン・エフェクトが見つからない......?

A:導入したプラグインの「.dll」ファイルをチェックしましょう!

これは『Q8』と類似したトラブルですが、インストールしたはずのプラグインがSONAR上から見つけることができない場合、VST(VSTi)プラグインとして正しく登録されていない可能性があります。

SONAR付属のプラグインは、SONARインストール時に自動的に登録されますが、後から追加して使用するようなフリーウェアのプラグインは、多くの場合、手動で登録する必要があります。

SONAR付属のプラグインは、初期設定では『C:\Program Files\cakewalk\Vstplugins』というフォルダに登録されます。つまり、新たに導入したプラグインも、その「.dll」ファイルを『Vstplugins』フォルダに保存すれば、SONAR上からプラグインが利用可能となります。

▲画像3:『Vstplugins』フォルダに「.dll」ファイルを登録!

またもう1つの解決方法として、導入したいプラグインの場所をSONAR側から指定することでも登録が可能です。

メニューから[オプション]―[グローバル]を実行して表示されるグローバルオプション・ダイアログで、[VSTプラグイン]タブを選択します。ここで、[VSTフォルダ]の[追加]ボタンをクリックし、使用したいプラグインがインストールされている場所を指定すれば、SONARに登録できます。

ちなみに私の場合は、「フリーplugins」というフォルダを独自に作っており、後から導入したフリーウェアのプラグインは、すべてこのフォルダに入れています。そして、この方法でフォルダごとSONARに登録しています。たくさんのプラグインを追加インストールして使う場合、この方が管理しやすいですね~。

▲画像4:「フリーplugins」フォルダでプラグインを一括登録!

▲ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

Profile

BLIND LOOP MASTER(鈴木貴幸/鈴木善典)

BLIND LOOP MASTER(鈴木貴幸/鈴木善典)

2000年、岩手県盛岡市で鈴木貴幸、弟の鈴木善典、佐々木崇により結成。ヒップ・ホップ、ブレイク・ビーツを中心に様々な音楽を吸収し続け、独自のユニットに発展。2004年にCDデビュー。現在は、DJやライブのみならず、プロデュース、リミックス、CM音楽の制作、執筆など多岐にわたり活動を継続。10年以上にわたりWindowsマシンで楽曲制作を手がけ、現在は「SONAR」シリーズでレコーディングからミックスまでを行っている。鈴木貴幸と善典の両氏は、プロデュース・ユニット"OKYD(オーケーヤード)"としても活動している。

Blind Loop Master Myspace:
http://www.myspace.com/blindloopmasterdotjp