Top > mnavi Academy Computer Music > 第48回:使い勝手が大幅アップした「ブラウザ」を研究するの巻【後編】

computermusic Back Number

第48回:使い勝手が大幅アップした「ブラウザ」を研究するの巻【後編】

Y(ヨシノリ):ネットで曲を公開するようになってREMIXやDJのオファーも増えてきてるよね。

T(タカユキ):そうだね~。おかげさまで、今後も出演予定が何本かあるよ。

Y:よくクラブで「どんなDAW使ってるんですか?」って聞かれるけど、「SONARです!」って言うと、結構、驚かれるよね。

T:確かにそうだね。これからDAWを始めたいって人には、「僕と契約してSONARユーザーになってよ!」って言ってますけど。

Y:それ、めちゃめちゃ怪しい……っていうか、逆効果だよ! 「この連載を見てください」とか、まともな事を言いなさい!

T:まぁまぁ、さっさと前回の続きを始めてくださいよ。オレは、節電のために部屋を暗くしてるから、もう眠くて眠くZZZzzz……。

Y:また寝たよ!!! このパターン、もう使えないぞwww! それじゃぁ、『ブラウザ』特集の後半を書くとしよう!

SONAR X1 PRODUCER

▲画像1:SONAR X1 PRODUCER

SONAR X1の新機能『ブラウザ』を"再"チェック!

前回に引き続き、SONAR X1でさらに強化された『ブラウザ』を紹介しましょう。前回では、オーディオ・ファイルやMIDIファイルを試聴したり、インポートや管理まで行える[Media]タブについて掘り下げてみましたが、今回は、[PlugIns]と[Synth]タブの各機能&操作方法を紹介します。

▲画像2:[Media]、[PlugIns]、[Synth]タブで構成されているブラウザ。必要な時にサッと開いて、リストからプロジェクトへ即座にインポートができる。シンセ・ラックを使えば、プラグイン・シンセの管理や操作も簡単に行える!

ブラウザでは、[Media]タブでの操作と同様に、プラグインFXやプラグイン・シンセも簡単な手順でインポートや管理できる点が、とても魅力的です。さらに、シンセ・ラック([Synth]タブ)を利用すれば、プロジェクト内で使用しているプラグイン・シンセの管理や、シンセ内のパラメーターを自由にいじることができてしまいます。こういったブラウザの機能や使用方法をマスターすれば、必ず楽曲制作の強い味方になってくれること間違いなしです!

[PlugIns]タブの便利機能を紹介

[PlugIns]タブでは、【Audio FX(オーディオ用プラグインFX)】、【MIDI FX(MIDI用プラグインFX)】、【Instruments(プラグイン・シンセ)】、【ReWier】の4つの項目を切り替えて利用することができます。

[Media]タブと同様に、とても見やすくリスト・アップされていて、使用したいプラグインを、ドラッグ&ドロップ(またはダブル・クリック)で一瞬にしてプロジェクトにインポートできるのはうれしいですね。さらにレイアウト管理や検索機能もあるので、使いたいプラグインをすぐに見つけ出すことも簡単です。

▲画像3:【Audio FX】、【MIDI FX】、【Instruments】、【ReWier】からなる[PlugIns]タブ。

●ドラッグ&ドロップで快適インポート

プラグインFXやプラグイン・シンセは、ドラッグ&ドロップで、簡単にプロジェクトにインポートできます。プラグイン・シンセに関しては、ダブル・クリックでも同様の操作が可能です。

これまでは、プラグインをインポートしようとすると、右クリックをしてプルダウン・メニューを表示させて......という手順が必要でした。しかも、複数のプラグインを入れたい場合や、いくつかのプラグインで音作りを試したい場合など、これらの作業は結構面倒だったんですねぇ。SONAR付属の純正プラグインだけでもかなりの量があるのに、さらにサードパーティ製のプラグインもたくさんインストールしているとなると......(苦笑)。これも、この機能で一挙に解決! 実際に使ってみると、どれだけ作業が楽になったか、すぐに体感できると思います!

▲画像4:プラグインFXは、リストからトラックやクリップを目がけてドラッグ&ドロップすれば、サクサクとインポートが可能!

▲画像5:プラグイン・シンセの場合は、ドラッグ&ドロップだけでなく、ダブル・クリックでもインポートが可能!

●レイアウト管理で作業効率アップ!

これまでも、プラグインFXとプラグイン・シンセについてはリストのレイアウト管理が行えましたが、もちろんブラウザ内でもレイアウト管理が可能です。せっかく見やすくリスト・アップしてくれるのに、肝心のレイアウトがバラバラだと、ブラウザの意味がありませんよね。自分が分かりやすいように並び替えて管理することで、使いたい時に迷わず目的とするプラグインにたどり着けるので、これまた作業効率が大幅にアップします。

なお、ブラウザ内でのレイアウト管理と、コンテキストからプラグインを選ぶ際のレイアウト管理は別モノなので、両者をまったく同じレイアウトにしたい場合は、どちらも同じレイアウト設定にしておく必要があります。言い換えれば、コンテキストでよく使うプラグインだけを表示しておいて、ブラウザで全体のプラグインを表示しておくようにするといったことも可能になり、両者を上手に使い分けて利用することで、自分の作業性に合わせて環境をカスタマイズすることが可能となるのです。

▲画像6:[PlugIns]タブの横にある矢印をクリックしてメニューを表示し、レイアウト管理の設定画面を開きます(上)。ここで、好みに合わせてプラグインを配置できるようになるのです(下)。

●検索機能は想像以上に大活躍!

先ほども話をしたように、SONARには初期設定の状態でも、実にたくさんのプラグインがインストールされていますよね。これに加えて、サードパーティ製を追加していくと、かなりの量のプラグインとなります。最近では、本当に優秀なフリーのプラグインも多いので、僕なんかは気になるプラグインがあれば、すぐにホイホイとインストールしてしまって、後で管理が大変になってしまいます(笑)。そんな時に、先ほど紹介したレイアウト管理と一緒に覚えておきたいのが、検索機能というわけです!

▲画像7:探したいプラグインのキー・ワードを入力すれば、一発で発見!

▲ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

Profile

BLIND LOOP MASTER(鈴木貴幸/鈴木善典)

BLIND LOOP MASTER(鈴木貴幸/鈴木善典)

2000年、岩手県盛岡市で鈴木貴幸、弟の鈴木善典、佐々木崇により結成。ヒップ・ホップ、ブレイク・ビーツを中心に様々な音楽を吸収し続け、独自のユニットに発展。2004年にCDデビュー。現在は、DJやライブのみならず、プロデュース、リミックス、CM音楽の制作、執筆など多岐にわたり活動を継続。10年以上にわたりWindowsマシンで楽曲制作を手がけ、現在は「SONAR」シリーズでレコーディングからミックスまでを行っている。鈴木貴幸と善典の両氏は、プロデュース・ユニット"OKYD(オーケーヤード)"としても活動している。

Blind Loop Master Myspace:
http://www.myspace.com/blindloopmasterdotjp