Top > mnavi Academy Drums > 第39回:V-Drums 大人のためのこれから始めるドラム練習 ~ドラム練習パソコン・ソフトを活用しよう~後編

drums Back Number

第39回:V-Drums 大人のためのこれから始めるドラム練習 ~ドラム練習パソコン・ソフトを活用しよう~後編

こんにちは。暑い夏を満喫しているかな?

さて今回は、前回に引続き、V-Drums Lite HD-1専用のドラム練習パソコン・ソフト、「HD-1 Drum Tutor」を詳しく紹介してみよう。

これは、これからドラムを始める大人にとって、とても有効なアイテムなんだ。練習を楽しく、そして分かりやすくサポートしてくれる、まさにプライベート・ティーチャー。

さあ、この夏、HD-1 Drum Tutorを使って、ドラムを始めよう。ドラムはイイ汗をかけるよ!

V-Drums Lite HD-1(左)と HD-1 Drum Tutor(DT-HD1)(右)

▲写真1:V-Drums Lite HD-1(左)と HD-1 Drum Tutor(DT-HD1)(右)

基本機能をおさらい

まずは前回紹介した基本機能のおさらいだ。

ドラム練習パソコン・ソフト「HD-1 Drum Tutor」は、V-Drums Lite HD-1専用なんだね。V-Drums Lite HD-1とパソコンを、専用ケーブルで繋いで使用するんだ。

お手本演奏や自分の演奏を、パソコンの画面で、目で見て確認しながら、分かりやすく練習できるアイテム。8ビートもすぐにマスターできるよ。

▲写真2:HD-1 Drum Tutorは、V-Drums Lite HD-1とパソコンを専用ケーブルで繋いで使用。※V-Drums Lite HD-1、パソコン、パソコン・スタンドなど、DT-HD1ソフトウェア以外の物は、すべて別売です。

内蔵のバッキング曲に合わせて楽しく練習しよう。

叩く楽器やタイミングは、画面表示が分かりやすくサポートしてくれるよ。画面を見ていれば、誰でも簡単に叩けるようになる、親切設計。だから、音符は読めなくても大丈夫だ。

上から降りてくるバーのタイミングに合わせて叩く「ゲーム画面」では、ドラム・ゲームのように遊び感覚で楽しく練習できるんだね。

▲画像3:バウンシング・ボールが譜面上の叩くタイミングをガイドしてくれる。ドラム・セット図のパッドが光るので、音符が読めなくても大丈夫。

▲画像4:ゲーム画面は得点表示付き。

さまざまな練習スタイルに対応した機能満載

HD-1 Drum Tutorは、練習時にあると便利な機能がイッパイなんだ。それでいて操作はいたってシンプル。簡単で誰にでも使いやすいのがHD-1 Drum Tutorの魅力のひとつだろう。

ドラムの練習に欠かせないメトロノーム機能も、もちろん内蔵されているよ。

バッキングの曲に合わせて演奏する時には、メトロノームを鳴らしておこう。叩くタイミングを見失わずに演奏できるし、リズム・キープのトレーニングにも繋がるのだ。また、テンポも自由に変えられるよ。自分のペースで練習できるのが、初心者にはうれしいね。

▲画像5:スタートやストップなど、全体の操作はとても簡単。そして練習に便利な機能もイッパイだ。

バッキング曲とドラムのお手本演奏を、それぞれ個別に聴くこともできるのだ。例えば、曲はミュートしてドラムだけを聴いたり、その中でもスネアのみなど各パッドごとに個別のサウンドを聴くことも可能なのだ。いろんなスタイルの練習に対応しているところがうれしいね。

▲画像6:特定のパッドだけを緑色にハイライト表示し、個別に練習することが可能。

フィル・インの練習にはリピート機能を活用しよう

苦手な部分を何度も繰り返して練習できる、リピート機能。これがまた便利なのだ。例えば、フィル・インを練習したい時には、そのフィル・インの1小節前、または3小節前のリズム・パターンからリピートさせよう。リズム・パターンとフィル・インを続けて叩くことによって、フィル・インが走ったり、モタったりせず、安定したテンポで叩けるようになるんだね。

▲画像7:指定した場所だけを、何度も繰り返して練習できるのはとても便利だ。

▲ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

Profile

山崎 彰(やまざき あきら)

山崎 彰(やまざき あきら)

大阪府池田市出身。熱いファンク・グルーヴを得意としながらも、宮本亜門のミュージカルから、LOVE PSYCHEDELICOの全米ツアーなど、ジャンルの壁を越えて活躍するドラマー。また、V-Drumsのデモ・パフォーマンスを日本全国及び海外でも公演するV-Drumsの伝道師?!でもある。自己のバンドLIFE ON EARTHで、2006年、日本人アーティストで初めてザ・ローリング・ストーンズ中国・上海公演のオープニング・アクトで演奏するなど、現在も様々なアーティストのレコーディングやライブでも活躍中。

Akira Yamazaki Official Website:
http://home.catv.ne.jp/nn/akira/