Top > mnavi Academy Guitar > 第25回:ME-70搭載のエフェクターを単体で聴いてみよう! ~MODULATION&COMP/FX編~

guitar Back Number

第25回:ME-70搭載のエフェクターを単体で聴いてみよう! ~MODULATION&COMP/FX編~

最近リリースされたさまざまなCDを聴いていると、以前にも増して数多くのエフェクターが使われていることに気付きます。中には、特定のエフェクターのサウンドが、その楽曲のイメージを決定する大きな要素となっている例も少なくありません。ME-70には、そんなエフェクターが多数搭載されており、しかもそれらを、スイッチ1つで切り替えて使うことができます。美しいサウンドからぶっ飛び系やらメチャクチャにエグイ音まで、どんな音でも実験しながら作っていくことが可能なんです。

今回は、そんなエフェクターたちのサウンドを、1つずつご紹介していきましょう。

ME-70

▲写真1:ME-70

モジュレーション系とは?

モジュレーション系エフェクターとは、元々は、ギター・サウンドに周期的な揺れ(=ピッチや音量など)を与えるタイプを指しますが、ME-70のモジュレーション・セクションには、そういったタイプ以外のものも含まれています。

また、いくつかのエフェクターはステレオ仕様になっており、アンプを2台使用して演奏すると、さらに気持ちよいサウンドが得られるようになっています。同じアンプを2台使っても当然OKですが、サウンド・キャラクターの異なるアンプを2台使っても、面白いサウンドが得られるかもしれません。スタジオなどで、アンプが余っている場合に試してみてはいかがかな?

それでは、各タイプを紹介していきましょう。

▲写真2:今回はこのストラトキャスターで録音しました。

MODULATIONプレビュー ~前編

●コーラス

原音に、ほんの少しだけピッチの揺れたサウンドを加えるエフェクター。複数の楽器を重ねたようなサウンドになることから「コーラス」と名付けられたそうです。

まず、ボスのコンパクト・エフェクターCH-1を使って実験してみましょう。「原音」→「エフェクト音のみ」→「両方をミックス」の順に録音しています。

このように音が重なると、キレイなサウンドになるんですね。ん~、何とも不思議。

ME-70搭載のコーラスは「多層コーラス」になっているので、さらにゴージャスなサウンドになっています。また、ステレオ・アウトを使用したコーラス・サウンドは絶品。こちらも、ぜひお試しあれ!

▲写真3:ME-70のコーラスをステレオで鳴らすと......。

コラム:コーラス・サウンドの実験方法

CH-1をステレオで使用した場合、片方のチャンネルからはドライ(原音)、もう一方のチャンネルからはエフェクト音が出力されます。この機能を使って、「原音/エフェクト音のみ/両方をミックス」の各音を収録しました。

▲写真4:アウトプットにダミー・プラグを繋げばOK!

●フェイザー

古くはイーグルス、ピンク・フロイド、ヴァン・ヘイレンなどが愛用したことで有名なエフェクターですが、最近、ホントにいろんなところで、このフェイザー・サウンドを耳にします。

ME-70の取扱説明書を読むと「位相をずらした音を加えて、音にうねりを与えるエフェクトです」と書いてありますが、これ、ちょっと分かりにくいですよね? 僕のほうで、説明してみましょう。

複数のピックアップが搭載されたギターで、同時に2つのピックアップをオンにすると、コロコロとした独特のサウンドになりますよね(ストラトキャスターのハーフトーンの状態を思い浮かべてください)。これは、同じ弦振動から生み出されたサウンドが、異なる位置にあるピックアップで拾い上げられることによって、微妙に違うサウンドがミックスされるために生まれる効果です。それぞれのピックアップの音が干渉し合い、特定の帯域が欠落することで、このようなコロコロとしたサウンドになるのです。

フェイザーは、その干渉する帯域を周期的に動かすことで、以下に紹介するサンプル音のような"うねり"のあるサウンドとなるわけです(ピックアップの位置が自動的に前後に移動したら、似たようなサウンドになるかも?)。

まあ、あまり理屈は分からなくてもOKですけどね......(笑)。

▲写真5:爽やかシュワシュワ系のフェイザー・サウンド。

▲写真6:レゾナンスを上げると、こんな感じの音になります。

●フランジャー

フランジャーは、基本的な原理はコーラスと同じで、原音にピッチを揺らした音を加えるエフェクターです。レゾナンスを下げた状態だと、コーラスの効果にかなり近いサウンドとなるので、コーラスのバリエーションとして使うのもアリでしょう。

▲写真7:レイトとデプスの両方を上げ目にすると、変調感の強いサウンドが得られます。

▲写真8:レゾナンスを上げると、金属的な"うねり"が加わります。

●ロータリー

扇風機の前で声を出すと、声が揺れて聴こえますよね? 簡単に言えば、その原理を利用した「回転(ロータリー)スピーカー」という製品があり、それを電気的にシミュレートしたエフェクターが、このロータリーというわけです(ややこしい!?)。

回転スピーカーと呼ばれるものには「空気をかくはんするタイプ」や、「スピーカーそのものがモーターで回転するタイプ」まで、いろいろな種類があります。いずれも柔らかいうねり感が特徴で、オルガン的なサウンドを作り出せます。このロータリーも、ステレオ仕様になっています。

▲写真9:ロータリーらしい、レイトを速めにしたサウンド。

▲ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

Profile

中野 豊(なかの ゆたか)

中野 豊(なかの ゆたか)

現在KANのサポート・ギタリストとしてツアーやレコーディングに活動する多忙なギタリスト。ファンキーなリズム・ワークからロック・フィール溢れるソロ・ワーク、呼吸感のあるオブリガードなど幅広い音楽性を持つギタリスト。エフェクターを含む楽器・機材への造詣も深く、全国展開中のBOSSや Rolandのワークショップの講師として、実践的なクリニックが好評を博している。

完コピ魂

iモード携帯電話着うたサイト「完コピ魂」。ロックの名曲をボスのエフェクターで完全再現。450曲以上を常時配信中!!

完コピ魂 QRコード