Top > mnavi Academy Guitar > 第27回:ME-70の便利機能を総括!

guitar Back Number

第27回:ME-70の便利機能を総括!

前回までの連載で、ME-70に搭載されている個々のエフェクターのサウンドはお分かりいただけたと思いますが、マルチ・エフェクターを使う醍醐味は、複数のエフェクターを自由自在に組み合わせてサウンドを構築できることです。コンパクト・エフェクターでは少々面倒な組み合わせの変更なども、マルチ・エフェクターならペダル1つで簡単に行なえますから、楽曲にふさわしいサウンドを手軽に作り出すことができるというわけです。

そこで今回は、ME-70のサウンド・メイクに役に立つ情報をまとめてご紹介したいと思います。

ME-70

▲写真1:ME-70

便利機能その1~マニュアル・モードとメモリー・モード

ME-70は、ユーザーの好みや状況に応じて2つの使い方ができるようになっています。「マニュアル・モード」と「メモリー・モード」です。

マニュアル・モードは、パネル上のツマミの位置がそのまま音に反映される、コンパクト・エフェクター・ライクなモードです。各エフェクトのオン/オフもフット・スイッチで瞬時に行えるので、気分次第で音色を操りたいジャム・セッション時や、シンプルなサウンドだけでOKな場合は、こちらのモードが向いています。

一方のメモリー・モードでは、あらかじめ楽曲やセクションごとにサウンドを構築しておき、それらを必要に応じて呼び出すことが可能です。まったく異なるタイプのサウンドを次々に切り替えてプレイすることが求められるライブ・ステージや、さまざまなスタイルやジャンルの楽曲を演奏する場合には、こちらのモードを使うといいでしょう。

▲写真2:メモリー・モード時の表示。ディスプレイには、パッチ・ナンバーだけでなくパラメーター値も表示されます。

メモリー・モードでパッチを呼び出した場合、個々のエフェクトのオン/オフは切り替えられませんが、次の裏ワザを使うことで各エフェクトのオン/オフが可能となります。

●1:メモリー・モードでパッチを選択します。
 ↓
●2:(曲が始まる前に)[EDIT/EXIT]ボタンを押します。
 ↓
●3:各エフェクターのフット・スイッチを踏んでオン/オフを設定します。

この後にもう一度[EDIT/EXIT]ボタンを押すまでパッチは切り替えられませんが、この方法を使えば、曲ごとに必要なエフェクターを選び(例えばフェイザーとトレモロなど)、さらに各エフェクターのオン/オフが設定できます。

なお、メモリー・モードでパッチを呼び出した場合など、ツマミの位置と実際の設定値が異なることがありますが、ME-70では【EDIT/EXIT】ボタンを押しながらツマミを回すことで、現状の設定値を確認することができます。プリセット・パッチの設定を確認したり、お気に入りの設定をメモ しておけば、いつでも完璧に再現が可能です。

便利機能その2~SOLO

「COMP/FX」セクションには、【SOLO】というタイプが用意されています。これは、ブースターとプリセット・ボリュームの機能を併せ持つユニークなエフェクターとして使用できます。特にマニュアル・モード時に有効な機能なので、ぜひ使ってみてください。

▲写真3:【SOLO】によって、マニュアル・モードがさらに使いやすくなります。

バッキング時にリフやパワー・コードを歪ませてプレイし、そのままの音色でソロを弾くと、音量感や歪み具合が足りないと思うことはありませんか? そんな時に、この【SOLO】を利用してみてください。【SOLO】を使うと歪みが増強され、中域に張りを持たせることができます。

さらに、3つのツマミで低域&高域の増減や音量が調整可能です。このように書くと、これで普通に1個のエフェクターかのように思われるかもしれませんが、これと同じ効果をコンパクト・エフェクターで再現するには、「ブースター+イコライザー」といったように2個のエフェクターが必要となるのです。

具体的には、

●A:低域&高域を落とし、中域をブーストさせ、
 ↓
●B:[OD/DS]セクション→[PREAMP]セクションを通った信号を、
 ↓
●C:【SOLO】のパラメーター[HIGH]&[LOW]ツマミで調整し、
 ↓
●D:さらに[LEVEL]ツマミで音量を設定する

という4つのプロセスが行われているわけです。

細かく説明すると、やや難しそうに感じるかもしれませんが、実際に使ってみると、きっとその便利さが実感できると思います。いつもは歪み系エフェクターで「バッキング用」と「ソロ用」の2つのパッチを用意している人もいると思いますが、【SOLO】を使えばもっと簡単に設定を完了できるのです。

▲ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

Profile

中野 豊(なかの ゆたか)

中野 豊(なかの ゆたか)

現在KANのサポート・ギタリストとしてツアーやレコーディングに活動する多忙なギタリスト。ファンキーなリズム・ワークからロック・フィール溢れるソロ・ワーク、呼吸感のあるオブリガードなど幅広い音楽性を持つギタリスト。エフェクターを含む楽器・機材への造詣も深く、全国展開中のBOSSや Rolandのワークショップの講師として、実践的なクリニックが好評を博している。

完コピ魂

iモード携帯電話着うたサイト「完コピ魂」。ロックの名曲をボスのエフェクターで完全再現。450曲以上を常時配信中!!

完コピ魂 QRコード