Top
mnavi Academy Guitar
> 第56回:恒例の最速レビュー! ついにGT-100登場!!

mnavi Academy guitar Back Number

第56回:恒例の最速レビュー! ついにGT-100登場!! 第56回:恒例の最速レビュー! ついにGT-100登場!!

  • Check

ボス・マルチ・エフェクターのフラッグ・シップ・モデル"GTシリーズ"に待望のニュー・モデルが登場します。その名も、『GT-100』! 多くのギタリストからの支持を集めていたGT-10の後継機種で、 GTシリーズとしては、1996年に発売されたGT-5から数えて6代目となる最高峰モデル。これまでの製品で培われた伝統に加えて、サウンド、操作性が格段にアップしています。

今回は、発売前のGT-100の「フライング・レビュー」として、アウトラインをサラッとご紹介していきましょう。

▲写真1:GT-100

高級感のあるデザイン

写真では少々分かりづらいかもしれませんが、とても落ち着いたブラックの塗装が施されています。ボスME-70などの"黒"もカッコいいですけど、それとは少し違う質感。非常に高級感のある仕上がりなので、部屋に置いてもイイ感じです。

▲写真2:前モデルGT-10とサイズはほぼ同じです。

リア・パネルのレイアウトもGT-10とほぼ同じですが、GT-100にはAUX INを装備。ボスBRシリーズやオーディオ・プレーヤーなどを接続し、簡単にギター・サウンドとミックスできるようになっています。

▲写真3:エフェクト・ループのセンド/リターン端子には[LIFT/GND]スイッチを追加。

フロント・パネル部は、LCDディスプレイが2面に、ツマミは8個にそれぞれ増えました。操作性がより高くなっています。

▲写真4:スッキリしたデザイン。でも操作性はアップ!

大幅にスケール・アップしたサウンド

GT-10から大幅にサウンドの向上が図られています。特に、COSM PREAMP部はギター側のボリュームやピッキングなどに対する反応が格段によくなりました。レスポンスに定評のあるコンパクト・エフェクターのボスST-2BC-2と同等の弾き心地のよさがGTシリーズでも実現されたということです。

アンプ・タイプも従来のモデリングの範疇にとらわれず、「本当にいい音と言えるアンプ・サウンド」を25種類(アドバンスド8種類+ビンテージ17種類)搭載。ほどよく整理されているので、ユーザーも選択に迷うことなく使いこなせるでしょう。また、すべてのアンプのサウンドが見直されているそうです。中でも「ADVANCE」と呼ばれる新しいオリジナル・タイプのアンプが便利。そこからセレクトするだけで、すぐに目的のサウンドに到達できると思います。

ハードウェア的にも最新のカスタムDSPが採用されているので、存在感があってガッツ溢れるサウンドが好印象です。

次回以降では、実際のGT-100サウンドをご紹介していく予定です。しかし、「それまで待てない」という方は製品解説ムービーも用意されていますので、ぜひチェックしてみてください!

1 2 Next

Profile

中野 豊(なかの ゆたか)

中野 豊(なかの ゆたか)

現在KANのサポート・ギタリストとしてツアーやレコーディングに活動する多忙なギタリスト。ファンキーなリズム・ワークからロック・フィール溢れるソロ・ワーク、呼吸感のあるオブリガードなど幅広い音楽性を持つギタリスト。エフェクターを含む楽器・機材への造詣も深く、全国展開中のBOSSや Rolandのワークショップの講師として、実践的なクリニックが好評を博している。

完コピ魂

携帯電話着うたコンテンツ「完コピ魂」。ロックの名曲をボスのエフェクターで完全再現。450曲以上を常時配信中!!

完コピ魂 QRコード

Yutaka Nakano Official Blog:
http://yutakanakano14.blogspot.com/

ページの先頭へ