Top
mnavi Academy Guitar
> 第58回:GT-100連載その3~充実のエフェクターと洗練された新機能~

mnavi Academy guitar Back Number

第58回:GT-100連載その3~充実のエフェクターと洗練された新機能~ 第58回:GT-100連載その3~充実のエフェクターと洗練された新機能~

  • Check

いよいよ発売になったGT-100。「もう手に入れて楽しんでいる!」という方もいらっしゃるでしょうね。今回は、内蔵された主要エフェクターを一挙にドーンとご紹介しようと思います。

▲写真1:GT-100

搭載されたエフェクターを紹介

●OD/DS(オーバードライブ/ディストーション)

クリーン・ブーストから、クランチ、オーバードライブ、ディストーション、ハイゲイン、ファズまで、OD/DSには全21種類の歪みタイプを網羅しています。歪み系アンプとの組み合わせはもちろん、 前回ご紹介した「COSMアンプ」と組み合わせれば、膨大なバリエーションを生み出すことが可能です。

進化したCOSMアンプ部に加えて、あらかじめ用意したソロ向きの音色に一発で切り替えられる「SOLO SW」機能も搭載。リード・プレイにふさわしい歪み系サウンドが簡単に得られます。

▲写真2:すべての歪みタイプで、ダイレクト音がミックスできるのもイイ!

●DELAY(ディレイ)

多くのギタリストにとって必携のエフェクターがディレイでしょう。GT-100に搭載されたDELAYは、考えられるほぼすべてのモードをカバーしています。もはやディレイの定番とも言えるボスのDD-7や、DD-20に搭載されている「ANALOG」、「MODULATE」、「REVERSE」などを含め、多彩なディレイ・サウンドをGT-100だけで再現可能です。

▲写真3:テンポに合わせた【DELAY TIME】も設定することができます。

●REVERB(リバーブ)

音に残響を加えるREVERBも多彩です。ハイ・クオリティな「ROOM」、「HALL」、「PLATE」などのリバーブの定番モードの他、リアルな「SPRING」や、隠し味的に使用できる「AMBIENCE」も秀逸! さまざまな空間を演出します。

▲写真4:わずかなピッチの揺れを加える【MOD】もオススメ!

●COMP(コンプレッサー)

近年、再び需要が高まっているコンプレッサー。GT-100に搭載されたCOMPは、定番の「BOSS COMP」や「D COMP」をはじめとした8タイプを装備。ステレオ仕様エフェクターの後段に使える「STEREO COMP」もあります。後述するFX1/FX2内には、ラック・タイプのモデリングを含めた「LIMITER」も搭載されています。

▲写真5:使用するギターによってコンプのかかり方が変わります。いろいろなタイプを試してみて。

●EQ(イコライザー)

4バンドのパラメトリック・タイプにハイ・カットとロー・カットを加えた仕様のEQです。FX1/FX2内には、4バンドの「PARA EQ」や、10バンドの「GRAPHIC EQ」もあるので、好みで使い分けてください。

▲写真6:視認性も抜群。操作しやすい表示になりました。

●CHORUS(コーラス)

CHORUSは、モノラルとステレオ(2タイプ)のモード切り替えが可能。ロー・カット&ハイ・カットを設定することで、アナログ的なコーラス・サウンドも得られます。

▲写真7:パラメーターの2ページ目も見落とさないで!【LOW CUT】【HIGH CUT】はこちらで設定します。

●FX1/FX2

モジュレーション系の「PHASER(フェイザー)」、「FLANGER(フランジャー)」、「TREMOLO(トレモロ)」、「SLICER(スライサー)」、「AUTO WAH(オート・ワウ)」をはじめ、すでに生産完了した「VIBRATO(ビブラート)」や「SLOW GEAR(スロー・ギア)」など、考えられるエフェクターはすべて搭載されていると言っても過言ではありません。

歪み系やディレイを直列or並列で複数使用できる「SUB OD/DS(サブ・オーバードライブ/ディストーション)」や「SUB DELAY(サブ・ディレイ)」も搭載。思いついたアイデアを試すにはナイスな仕様です。

「SUB WAH(サブ・ワウ)」や「T.WAH(タッチ・ワウ)」などのフィルター系、「OCTAVE(オクターブ)」や「PITCH SHIFTER(ピッチ・シフター)」、「HARMONIST(ハーモニスト)」などのピッチ系、 「SITAR SIM.(シタール・シミュレーター)」、「DEFRETTER(デフレッター)」、「RING MOD.(リング・モジュレーター)」、「AC.PROCESSOR(アコースティック・プロセッサー)」などの面白系エフェクターも搭載。死角はありません。

1 2 Next

Profile

中野 豊(なかの ゆたか)

中野 豊(なかの ゆたか)

現在KANのサポート・ギタリストとしてツアーやレコーディングに活動する多忙なギタリスト。ファンキーなリズム・ワークからロック・フィール溢れるソロ・ワーク、呼吸感のあるオブリガードなど幅広い音楽性を持つギタリスト。エフェクターを含む楽器・機材への造詣も深く、全国展開中のBOSSや Rolandのワークショップの講師として、実践的なクリニックが好評を博している。

完コピ魂

携帯電話着うたコンテンツ「完コピ魂」。ロックの名曲をボスのエフェクターで完全再現。450曲以上を常時配信中!!

完コピ魂 QRコード

Yutaka Nakano Official Blog:
http://yutakanakano14.blogspot.com/

ページの先頭へ