Top > mnavi Interview > Vol.29:ピエール中野(凛として時雨)

interview Back Number

Vol.29:ピエール中野(凛として時雨)

凶暴に襲いかかる轟音のギターとベース、炸裂する超絶ドラム、空気を切り裂くハイトーンの男女ツイン・ボーカル。強烈な個性で、インディーズ時代から異彩を放つ存在として注目を集めていた「凛として時雨」。そのサウンドの屋台骨を支えるピエール中野氏の破壊的かつクレバーなドラミングは、どのようにして形成されたのか。彼の歩みを紐解き、その思考回路を解剖してみよう

YOSHIKIさんのドラムを見て、
初めて"楽器"と"プレイヤー"に目が向いた

─ ピエール中野さんは、YOSHIKI(X JAPAN)さんに多大な影響を受けてドラムを始めたということを公言されていますが、それはいつ頃のことですか?

ピエール中野(以下、N):中学生時代ですね。X JAPANの『東京ドーム3DAYS~破滅に向かって~』っていうビデオを友達に見せてもらって、「ドラムって、何てカッコいい楽器なんだ」って思ったんです。自分の中では、それまでドラムって地味な楽器だったんですよ。バンドを見て、真っ先にドラムに目が行くことって、まずないじゃないですか。普通は、やっぱりボーカルですよね。でも、このビデオを見たことがきっかけで、初めて"楽器"だとか"プレイヤー"に目が行くようになったんです。それで、自分もこういうプレイをやってみたいと思っていたら、友達の兄貴がバンドをやっていて、高校の文化祭でライブやるから見に来いって誘ってくれたんです。そうしたら、ラウドネスとX JAPANのコピーをやっていて、YOSHIKIさんのドラム・ソロを完全コピーしていたんですよ。それを見て「何なんだ、これは!?」と思いまして。音もでかくて、うるさいし(笑)。

─ そのバンド自体も、すごかったんですね。

N:そのバンドが演奏を始めると、ものすごく人が集まってきて、演奏が終わるとザワザワと空気がどよめくんですよ。その空気感って、それまで味わったことのないものだったんです。しかもそれを、こんなに身近な人たちがやっている。その姿に憧れて、「自分たちもやってみよう」ってバンドを組んだんです。

─ そこでドラムを始めたんですか?

N:いえ、最初はギターでした。ドラムって、やっぱり取っつきにくい楽器じゃないですか。価格も高いし、場所も必要だし。当時は、リハスタで練習するなんていう知識もありませんでしたから、それで手っ取り早く練習できるギターを始めたんです。それが、中学2年生の時ですね。

─ そこからドラムに転向したきっかけは?

N:僕の友達で、ものすごくギターが上手くなったヤツがいて、「あ、オレがギターっていうのは、もうないな」って思って(笑)。その時に、最初にカッコいいと思った楽器はドラムだったし、もうスタジオに行けばドラムを叩けるということも分かっていたので、じゃあやってみようということになったんです。そうしたら、意外にすんなり叩けたんですね。それ以来、もうずっとドラム一筋です。

─ ドラムは、独学ですか?

N:いえ、すぐにレッスンに通いました。とにかく、どうしたらいいのか分からなかったので(笑)、まずは地元の楽器屋さんでやってるレッスンを見学したんです。そうしたら、すごく丁寧に教えてくれて、面白そうだったんで、レッスンに通うようになりました。そこで、基礎をみっちりと叩き込まれましたね。

─ じゃあ、YOSHIKIさんに憧れながらも、いわゆる基礎練習の日々を過ごしたわけですか?

N:ものすごく、地味な練習を続けました(笑)。1時間のレッスンで、前半30分はずっと練習パッドを叩いて、残りの30分でようやくドラム・セットを叩けるという具合でした。これを高校3年間、ずっと続けたんです。でも、それと同時にバンドもやってましたけどね。バンドにおけるドラムの練習と、ドラムのためのドラムの練習って、違うじゃないですか? バンドのプレイヤーとスタジオ・ミュージシャンの違いのようなもので、当時から、そういう捉え方をして、両方に取り組んでいました。

─ 具体的には、どのような考え方でそれぞれの練習に取り組んでいたのですか?

N:バンドの練習では、バンドがいかにカッコよく見えるかを考えて練習して、レッスンでは、ドラムという楽器をとことん追求するという考え方です。だから、どちらも楽しかったですよ。でも、どちらかと言うと、バンドの方をみっちりやってたかな? そこで見失ったものを、レッスンできっちり身に付けていくという感覚で。しかも、そういった練習を続ければ続けるほど、両者が結び付く瞬間がどんどん増えていくわけです。

─ 地味な基礎練習の大切さが、実感として分かってくるわけですね。

N:「このフレーズは叩けねぇや」と思っても、「あ、あの練習を応用すれば叩けるんじゃないか」とか、そういう場面がどんどん増えていくんですよ。やっぱり、基礎練習をやっておいてよかったな、っていう場面が。

─ その頃、バンドはいくつくらいやっていたのですか?

N:たくさんやってましたよ。学校だけでなく、学校の外でもバンドを組んでましたし、社会人のバンドにも参加してました。ドラマーって、少ないんですよ。だから、サポートで手伝って欲しいっていうバンドがたくさんあって、そういうバンドだとスタジオ代も出してくれたりするんで(笑)、「それでいいなら、やりますよ」って。多くの音楽性に接するために、できるだけ多くのバンドに参加しようと考えていた時期でしたね。

▲ページの先頭へ

  • 次のページへ

Profile

凛として時雨(りんとしてしぐれ)

2002年、埼玉にて結成。メンバー・チェンジを経て現メンバー、TK(Toru Kitajima/Vo&Gt)、345(Miyoko Nakamura/Ba&Vo)、ピエール中野(Masatoshi Nakano/Dr)によるスリー・ピース・バンドとなる。2004年4月に初の全国ツアーを行い、2種類の自主音源を2000枚以上売り上げる。その後も精力的に全国的なライブ活動を展開。大型フェスの常連バンドとしてその存在を一気に広め、2008年12月、バンドとしてのセカンド・シングル「moment A rhythm」でメジャー・デビューを果たした。

オフィシャル・サイト:
http://www.sigure.jp/

Information

■CD
『just A moment』

AICL-2014
¥2,800


■LIVE
凛として時雨 TOUR 2009 『Tornado Z』

11/3(火) 名古屋 Zepp Nagoya(SOLD OUT)
11/13(金) 札幌 Zepp Sapporo
11/15(日) 仙台 Zepp Sendai
11/22(日) 大阪 Zepp Osaka(SOLD OUT)
11/23(月) 福岡 Zepp Fukuoka
11/29(日) 東京 Zepp Tokyo(SOLD OUT)

NEXUS 『NO GIRL,NO BASSIST』

12/6(日) 大阪 なんばHatch

『New Audiogram ver.3』

12/9(水) 東京 Shibuya O-EAST

※詳細は、上記オフィシャルサイトをご覧ください。