Top > mnavi Interview > Vol.33:武部聡志

interview Back Number

Vol.33:武部聡志

27年間に渡って松任谷由実コンサート・ツアーの音楽監督を務め、一青窈の一連の作品を手掛ける日本音楽界屈指のプロデューサー、武部聡志。アレンジャー、キーボード・プレイヤーとしても多忙を極める彼は、これまでどのような姿勢で音楽に接してきたのだろうか。第一線で活躍し続ける武部氏が作品に込めた想い、そしてサウンドに対するこだわりについて、じっくりと語ってもらった。

一番心がけていることは、
一緒に仕事をするアーティストとの相互理解

─ 武部さんは、ご自身の作品はもちろん、たくさんのアーティストのアレンジやプロデュース、さらにはコンサートの音楽監督と、あらゆる角度から音楽制作に関わっていらっしゃいますが、30年という長いキャリアの間で、常に第一線でご活躍してきた秘訣はどこにあるとお考えですか?

武部(以下、T):音楽を作っている人、同業者って、すごくたくさんいるじゃないですか。ブームを作った人もいますし、消えていってしまった人も一杯いる。そんな中で、僕が長く音楽活動を続けてこられたのは、いわゆる"ブームになる音楽"を作ってこなかったからだと思っています。あくまでも、自分がやりたいと思える音楽を追求してきたつもりです。やっぱり、奇をてらった音楽作りだとか、売れるために何かを犠牲にすると、長く続けられないと思うんですね。

そのためにも、僕がプロデュースをはじめとする普段の仕事を行ううえで、一番心がけていることがあります。それは、一緒に仕事をする人、アーティストとの相互理解です。お互いに音楽性を認め合ったところで、相手と一緒になって、どういうものを作っていけるか。それについて、きちんとディスカッションしたうえで、作品を作り上げていくということです。だから、僕が一方的に自分のやりたいことを押し付けるようなことは、まずありません。それは、どんな仕事でもそうであって、例えばプロデュース・ワークをするうえでも、僕が曲を書いて「はい、これをやりなさい」みたいなことではないんです。じゃあ、どういうものを作っていったらいいのかということを、ちゃんとディスカッションして、相手と同じゴールを見定めてから走り出すわけです。そうすることで、アーティストも、もちろん僕もストレスなく制作が行えるんです。

─ 今のお話を聞いて、武部さんが長年に渡って松任谷由実さんのコンサートでの音楽監督を務められたり、一青窈さんの一連の作品をプロデュースしたりと、チーム的なプロジェクトを数多く手がけられている理由が分かるような気がします。

T:ユーミン(松任谷由実)の場合は、そもそも松任谷(正隆)さんがプロデューサーじゃないですか。松任谷さんも、音楽に対する造詣がすごく深くて、強いこだわりを持った人だから、ユーミンの音楽を本当の意味で理解してくれてる人じゃないと、きっと一緒にやりたくないだろうと思うんです。そういった意味で、僕は彼女の音楽を、楽曲の構造から詞の作り方、サウンドの構築の仕方まで、松任谷夫妻以外で一番理解しているという自負があります。彼女の作る音楽の世界が、一体どういうものなのか。それはサウンドだけの話しではなく、詞に至るところまで、すべてを理解していると思っています。だからこそ、長年一緒に"チーム"としてやってこれたんだと思います。一青さんの場合も、同じですね。彼女は歌詞を書くシンガーですから、僕が曲を作って、彼女が歌詞を書くというスタイルで、「2人で1人のシンガー・ソングライター」をやってるようなつもりで、これまで作品を作ってきました。

─ プロデューサーと言えども、ある意味ではアーティストと対等な目線で、一緒に音楽を作り上げていくという感覚ですか?

T:もちろん、そうです。だから僕が曲を作っても、その曲からイメージが湧かなければ、彼女は歌詞を書きませんし、僕も無理に書けとは言いません。タイアップのような形で作品を作る場合でも、僕は数パターンの曲を作るんですよ。その中から、彼女が一番イメージの湧いた曲に歌詞をつけていくんです。これまでずっとそういうスタイルで続けてきて、彼女に何か無理を強いるようなことはしてきませんでした。それは一青さんに関わらず、誰と仕事をした場合でも、同じなんです。

─ プロデュースやアレンジ、ご自身の作品と、すべての作品が、武部さんの中では同一線上にあるわけですね。

T:そう、同じ線上です。テレビの仕事でも、映画の音楽を作る仕事でも、すべてにおいて同じなんです。自分1人の自己満足に終わるのではなく、いかに相手とうまく理解し合えて、それを最終的に聴く人の心に届けられるか、感動してもらえるかということを、常に考えています。独りよがりな音楽は、僕は作りたくないんですよ。そういう意味では、僕は音楽に対してまったくストイックではないんです。自分の頭の中のイメージをとことん追求して、それを形にするというというタイプとは、ちょっと違いますね。

─ 武部さんは、ストイックに音楽を追求されるタイプの方なのかと思っていました。

T:いえ、僕はまったく芸術家肌ではないですし、どちらかというと「プロであること」という点を意識しながら仕事をしているタイプかもしれないです。そう、「仕事をしている」という感覚は、とても強く持っています。だからこそ、これだけ長く続けてこられたのかもしれませんね。

▲ページの先頭へ

  • 次のページへ

Profile

武部聡志

1957年2月12日生まれ。東京出身。国立音楽大学卒業。大学在学中より、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティストを手掛ける。1983年より、松任谷由実コンサート・ツアーの音楽監督を担当。1990年より本格的にプロデューサーとしての活動を始め、一青窈、大黒摩季、今井美樹などのプロデュースや、CX系ドラマ「BEACH BOYS」、「西遊記」などの音楽担当、CX系「僕らの音楽~OUR MUSIC~」の音楽監督等、多岐にわたり活躍している。

オフィシャル・サイト(Halftone Music Group):
http://www.htmg.com/

Information

■LIVE
Smiles&Tears(武部聡志、加藤いづみ、小倉博和、他)
『東京文化会館ポピュラーウィーク』

2/28(日) 東京文化会館

オフィシャルサイト

武部聡志+&斉藤由貴
『~シアタークリエで唱門来福~』

3/8(月) 東京・シアタークリエ

オフィシャルサイト

武部聡志(音楽監督&出演)ほか
『卒業のうた'10 ~songs for tommorow~』

3/20(土) 東京・中野サンプラザホール

オフィシャルサイト

※詳細は、上記オフィシャル・サイトをご覧ください。