Top > mnavi Interview > Vol.41:SCANDAL

interview Back Number

小さいのにしっかりと歪んでくれる(HARUNA)
「HEAVY OCTAVE」のサウンドがすごく好き(MAMI)

─ 今回、HARUNAさんには小型ギター・アンプ"CUBEシリーズ"の新製品CUBE-20XL、MAMIさんは同シリーズのCUBE-80XLを試奏していただきましたが、感想はいかがでしたか?

HARUNA:アンプにチューナーまで入っているというのがいいですよね。それに、音叉の音が鳴らせるモード(チューニング・フォーク機能)を使えば、音感を鍛えることもできるので、すごくいいと思います。これだけ小さいのにしっかりと歪んでくれるし、自宅で練習する分には十分すぎるくらいですよね。

─ 自宅で練習する場合はボリュームを下げることが多いと思いますが、パワー・スクイーザー機能を使うことで、パワー・アンプの出力を2Wに絞りながら、音質バランスの整ったサウンドを鳴らすことができるんです。

HARUNA:歪みの感じはそのままで、小さい音量で鳴らせるというのがいいですね。LEADチャンネルの「EXTREME」の歪みは、すごくカッコよかったです。

MAMI:「EXTREME」は、すごくカッコいいよね。私は激しい歪みが好きなので、このちょっとワルそうな歪み具合が、とても気に入りました(笑)。

─ MAMIさんに試奏していただいたCUBE-80XLは、80W出力のパワフルなサウンドが鳴らせるので、自宅での練習はもちろん、ステージでのパフォーマンスにも十分な音圧を出せるように設計されています。

MAMI:普段のステージではスタック・アンプを使っているんですが、LEADチャンネルの「CLASSIC」の音は「なるほどね」と思いました。エレクトリック・ギターでアコースティック・ギターの音が鳴らせる「ACOUSTIC SIM」も面白かったです。ストラトキャスターのフロント・ピックアップで試すと、すごくアコギっぽかったです。オプションのフット・スイッチを使えば、CLEANとLEADチャンネルを瞬時に切り替えられたり、ソロ機能でまったく別のセッティングの音を鳴らせたりするので、これ1台でアンプ2台分の使い方ができそうですね。

─ 内蔵のエフェクターはいかがでしたか?

HARUNA:ディレイやリバーブだけでなく、フェイザーやフランジャーまで入っているので、弾いていて楽しいですね。

MAMI:アンプにエフェクターが内蔵されているというのは便利ですし、ツマミの位置でエフェクトが変わるという仕組みも、すごく分かりやすかったです。私は、CUBE-80XLに搭載されている「HEAVY OCTAVE」がすごく気に入りました。一般的なオクターバーって、音色的に原音とオクターブ下の音が極端に離れてしまう印象を持っていたんですが、これはちょうどその中間をいってくれていて、すごくいいです。あとは、LOOPER(ル―パー)機能も面白かったです。

─ CUBE-80XL搭載のLOOPER機能は、最大80秒の録音が可能です。バッキングを録音して、それをループ再生しながらソロを重ねるといったようなオーバー・ダブをリアルタイムに行うことができるんです。

MAMI:フレーズをどんどん重ねていけるのが楽しくて、これがあれば1人で何時間でも遊べますね(笑)。それに、曲作りの際に、フレーズをスケッチするのにも便利そうですね。

─ 両モデルとも、オーディオ・プレイヤーを接続して、曲を聴きながら演奏を楽しむことができますし、ヘッドホンも使えるので、自宅での使用には最適だと思います。

MAMI:そうなんですか!? 自宅で曲を作る時だとか、今はパソコンのスピーカーしか音を鳴らせる環境がないんです。でも、このアンプで音楽を鳴らしてギターを弾くと感覚がまったく変わってくるでしょうね。すごく魅力的なアンプだと思いました。

─ それでは最後に、これから楽器を始めたいと思っている多くの読者にメッセージをお願いします。

RINA:ドラムって、自宅で楽器を練習するのが一番難しいパートですけど、私は逆に、スティックさえあれば、いつでもどこでも練習できるというように考えてるんです。だから、ドラムを始めてからは、常に両手を動かすようにしてるんです。信号待ちしていても、何かしらリズムを叩いている、みたいな(笑)。みなさんも「ドラムはどこでもできる楽器だ」と思って、練習するといいと思います。

MAMI:ギターに限らず、楽器に興味を持ったら、とにかく触ってみて欲しいですね。もちろん、きっかけは見た目重視でいいと思うんですよ。「あの人がギター弾いていてカッコよかった」とか、「このギターがカワイイ」とか。そこから「あのギタリストみたいになりたい」と思えるようになるし、「このギターが好きだから弾く」という気持ちが生まれてくると思います。だから、最初はお試し感覚でいいので、興味を持ったら、一度楽器を手に取ってみて欲しいですね。

TOMOMI:私もまったく同感です。もちろん、最初はどんな楽器がどんな音をするのかなんて分からないから、見た目で好きなもの、愛せるベースを買うといいと思います。最近だと、女の子でも弾きやすいサイズの小さいベースもありますし。プレイ面では、ベースはリズムが大切な楽器なので、メトロノームを使ってしっかりと基礎練習をすること。基礎はすごく大事だと思うので、運指などを徹底的に練習するといいと思います。私もまだまだなので、みなさんと一緒に頑張っていきたいです。

HARUNA:私も、最初はミーハーな気持ちで始めていいと思うんですよ。「このフレーズを弾けたらカッコいいんじゃないかな」って。実際に、私もそうでした。ずっとダンスをやってきた中で楽器を始めたので、当初は「ダンスの仲間は、私がギターを弾いている姿を見てどう思うんだろう?」というようなミーハーな気持ちだったんです。でも、そういう気持ちってすごく大切だと思うし、それが楽器を続けられる原動力にもなると思います。そこから先は、自分がどれだけ楽器を好きになれるか、ですね。だから、きっかけは何であれ、せっかく楽器を始めたのならとことん頑張って欲しいな、と思います。

▲ページの先頭へ

  • 前のページへ

Profile

SCANDAL

2006年8月、大阪のボーカル&ダンス・スクールで出会った女子高生4人で結成。2008年3月にアメリカ、7月にフランス、8月に香港でライブを行うなど、世界的に注目を集める。同年8月にインディーズ・ミニ・アルバム『YAH!YAH!YAH! HELLO SCANDAL』を発売し、10月に「DOLL」でメジャー・デビューを果たすと、同曲が40局ものFM/AM/CSでパワー・プレイを獲得。2009年10月にリリースしたデビュー・アルバム『BEST★SCANDAL』はオリコン初登場5位を記録し、同年の日本レコード大賞新人賞を受賞する。そして2010年10月6日に8枚目のシングル「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」をリリース。間髪入れずに、11月17日にカバー・ミニ・アルバム『R-GIRL's ROCK!』が発売される。

オフィシャル・サイト:
http://www.scandal-4.com/

Information

■CD
『スキャンダルなんかブッ飛ばせ』
(初回仕様/通常盤)

ESCL-3548
¥525

『R-GIRL's ROCK!』

11月17日リリース
ESCL-3562
¥1,835

■LIVE
『大阪電気通信大学大学祭』

11/6(土) 大阪電気通信大学中庭ステージ

『QUATTRO MIRAGE VOL.1 〜ROCK'N'ROLL ADDICTION〜』

11/29(月) 大阪府・心斎橋クラブクアトロ

※詳細は、上記オフィシャル・サイトをご覧ください。