Top
mnavi Interview
> Vol.51:井手綾香

mnavi interview Back Number

歌いながら弾きやすい、バランスのいいピアノ音色が好みです

─ 弾き語りでライブをしている映像を拝見したのですが、ローランドのRD-700シリーズを弾いていることが多いですね。

井手:そうですね。好きなキーボードなので、レンタルをお願いする時はなるべくそれを指定しています。いつもグランド・ピアノで練習しているので、ライブで使うのもできるだけそれに近いものがいいなと思って。RD-700は鍵盤の重さもピアノに近くて弾きやすいし、本物のピアノのような音もするので気に入っています。

─ 今日はそのRDシリーズの最新モデルで、軽量・コンパクトなRD-300NXを試していただきましたが、いかがでしたか?

井手:まず、小さくて軽いのに驚きました。弾いてみるとすごく音もいいし、一番気に入ったのは鍵盤の感触です。ちょっと表面がザラザラしたところが本物のピアノっぽいですね。

─ これはアイボリー・フィールG鍵盤といって、象牙や黒檀の手触りを再現した新開発の鍵盤です。

井手:私は緊張すると手汗をかくので(笑)、キーボードでよくあるツルツルした鍵盤だと、滑ってミス・タッチが多くなってしまうんです。あと、鍵盤が軽すぎるとリズムがどんどん速くなってしまうこともあるんですけど、これはしっかりした重さがあるところもいいですね。

─ 鍵盤にはバネを使わず、アコースティック・ピアノと同様にハンマーの重さだけで動かして自然な弾き心地を実現しています。

井手:鍵盤の奥でちゃんとハンマーが動いているっていう感じがします。高音の方が軽くて、低音に行くと重くなっているのもリアルだと思いました。あと、デジタルのピアノだと、ちょっと強く弾いただけでガーンと音が出ちゃったり、逆にゆっくり弾こうとしたら音が小さすぎたりしますけど、これは全然そんなことがないのがすごい!

─ これに搭載されているSuperNATURAL Piano音源は、音色が無段階に変化するようになっていて、繊細なタッチの違いにもスムーズに対応してくれます。

井手:すごいですね! これは本当に「ピアノ」です(笑)。

─ 最高の褒め言葉です(笑)。井手さん自身は、好みのタイプのピアノってありますか?

井手:歌いながら弾くっていう点では、あまりクリアすぎない音が好きですね。“ピンッ”ときれいに張った音だと、私の声がかき消されてピアノの方が目立っちゃうことがよくあるので、けっこうフワッとした音のピアノが好きです。でも、こもりすぎていると逆に音がとれないので、それはそれでやりづらい。だから歌いやすくて、なおかつ歌を引き立てられるような、バランスのいい音を求めていますね。

─ RDのようなステージ・ピアノやデジタル・ピアノだと、曲調に合わせて微妙にキャラクターの違うピアノ音色を使い分けることもできます。

井手:そこが一番いいところだと思いますね。ピアノ以外のいろんな音でも演奏できるので、弾いていて楽しいです。

─ サウンドに触発されて曲のイメージが生まれることも……。

井手:ありますね。実家には、ほんとにショボいんですけどキーボードもあって、ギターとかいろんな音で弾いてみるところから曲を作ることもあったんですけど、そうすると曲のイメージもずいぶん変わったりして、すごく面白いです。

─ では最後に伺います。井手さんの自己紹介的な2枚の作品を作り終えた今、どんなことを思っていますか?

井手:まず、この2枚を聴いて私のことを少しでも知ってくれる人が増えたらうれしいです。インディーズ盤の時は自分のピアノだけでレコーディングしたので、頭の中ではアレンジとか雰囲気が完成していても、それを完全には形にできていなかった部分もあるんですけど、それがこういう形でちゃんとレコーディングできて、本当にうれしく思っています。

  • Check
Prev 1 2 3

Profile

井手綾香

宮崎県の最南端に位置し、120頭もの野生馬が放牧されていることで知られる串間市都井で育った18歳。仕事の傍らビートルズのカバー・バンドでドラムを叩く父と、若い頃はプロのダンサーとして活躍していたアメリカ人の母の間に生まれる。さらに母方の祖父はジャズ・トロンボーン奏者のビル・ワトラスで、まさに芸術一家の血筋を受け継ぐ才女と言える。2009年、15歳でインディーズ盤『TOY』を発表。2011年にミニ・アルバム『Portrait』でメジャー・デビューし、同年8月、2ndミニ・アルバム『Portfolio』を発売。歌声とピアノだけで綴られた情感豊かな楽曲が注目を集めている。

オフィシャル・サイト:
http://www.ideayaka.com/

Information

CD

『Portfolio』

VICL-63761 ¥1,800

『Portrait』

VICL-63707 ¥1,800

LIVE
『若草山 MUSIC FESTIVAL 2011』

9/11(日) 奈良・若草山麓特設ステージ

『南九州愛郷フェスタ’11』

9/18(日) 宮崎・都城市総合文化ホール

※詳細は、上記オフィシャル・サイトをご覧ください。

ページの先頭へ