Top
mnavi Interview
> Vol.54:Galileo Galilei

mnavi interview Back Number

今はすごく満ち足りていて、やっと自分たちが作りたいと思っていた音楽がやれている

─ プライベート・スタジオ「わんわんスタジオ」は、どのようなコンセプトで作ったのですか?

雄貴:最初は、セッションしながら曲を作れるようにと考えてスタジオを作ったんです。でも最近は、最終段階でセッションするくらいになりました。どうしてかと言うと、早い段階で全員がノート・パソコンを買って、DAWソフトを使うようになったからなんです。それまでは、例えばフレーズを作った時でも、みんなの前で弾くと上手くいかなかったりするじゃないですか。でもDAWで作っておけば、「これ」と思ったものを100%の状態で聴かせられるし、そこから曲を詰めていく際も、メンバーによって温度差が生まれずに、曲のやり取りができるようになったんです。「それなら、一緒に暮らさなくてもいいじゃん」って思われるかもしれませんが、一緒にいるからこそ、僕が和樹のパソコンを、その場ですぐにいじれちゃうわけです。このことは、やっぱりすごく大きくて。ですから、「わんわんスタジオ」での作業は、みんなでパソコンの中に音を投げ込んでいくイメージで、セッションに近い感覚なんです。全員が1台のパソコンの前に集まって、オーディオやMIDIを編集しながら意見を言い合うことが、僕らのセッションなんです。

▲尾崎雄貴(Vo/Gt)

─ そうやって誕生した「明日へ」のようなエレクトロな音像感は、バンド結成時からイメージしていたものなんでしょうか?

雄貴:僕と(佐孝)仁司、和樹の3人は小学校の頃からずっと一緒で、お互いの家でゲームをしたりして遊んでいたので、音楽を聴き始めたタイミングも同じなんです。初めてハマった洋楽がRadioheadでした。『Kid A』がすごく好きで、ずっとライブ映像を見ていて憧れていました。だから最初はギター・ロックから始まって、そこから変化していって、スーパーカーやくるりが好きになっていったので、今のGalileo Galileiのサウンドも、自分としてはすごく自然な形です。Hot Chipっていう、シンセを自然に、しかもカッコよく取り入れているバンドもすごく好きだし、The Drumsも、ずっと後ろでタンバリンを叩いていて、急にシンセを弾き出すとか、そういったシンセならではのカッコよさがあって。そういったエレクトロな要素をバンド・サウンドに取り入れていくカッコよさを、もっと早くから知っていればというふうに思ってます。

─ では、最初に手にした楽器は、シンセではなく、ギターから?

雄貴:学生の頃って、シンセは「高い」っていう感覚があるし、ギターの方がカッコよく思えて、みんなギターを始めるんですよ。それに、僕らが学生の頃に聴いていたポピュラーな音楽で、シンセをガツンとカッコよく使っているバンドがいなくて、「シンセって古臭い」っていうイメージを持ってたんです。今では大好きな80年代の音楽も、ちょっとダサイと感じてたし。だから最初にギターを手に取ったんだと思うんですけど、僕はエレクトロなサウンドにも憧れていたので、Galileo Galileiが「ギター・ロック・バンド」って言われることに対して……、確かに最初の頃にやっていたのはギター・ロックだったけど、でも、やりたいことはそことは違うんだっていうギャップに苦しんでいました。だから今は、すごく満ち足りた感じがしていて、やっと自分たちが作りたいと思っていた音楽がやれているという気持ちです。

─ カップリング曲の「ぷにぷにわんちゃん」は、タイトルからは想像できないくらいの(笑)本格的なエレクトロ・ミュージックですよね。この曲は、どのように作ったのですか?

佐孝:僕と岩井くんで、カップリング曲の「マーブル」の作業を朝までやってたんです。それで、ようやく寝ようと思ったら、なぜだか雄貴と和樹がパソコンでシンセ・ベースの音作りを始めて。僕の部屋のまん前が雄貴の部屋なので、その音がうるさくて眠れないんですよ(笑)。それで「何してんの?」って起きたら、2人がリズム・トラックを作っていて、それがそのまま「ぷにぷにわんちゃん」になったんです(笑)。

▲佐孝仁司(Bs)

雄貴:(笑)。たまたまYouTubeで「Justiceのベースを作る」っていう動画を見てたんですよ。僕はJusticeが大好きで、あのキレキレなシンセ・ベースって、ずっとゲートで作ってると思っていて、「いいゲートを買わないと」って考えてたんです。でもその動画ではソフトだけであのJusticeのシンセ・ベースを作っていて。動画の内容自体はあまり役に立たなかったんですけど「自分にも作れるんだ」っていうことが分かって、それで和樹と作り始めたんです。そんな感じで、ほぼ24時間、何かしら音が流れてるんですよ。寝静まった頃に、誰かが爆音を鳴らし始めても誰も怒らない。まあ「うるさいな」とは思いつつ(笑)、それで次の日にいい曲ができていれば、その方がいいわけですし。「マーブル」も、最初に曲を作ったのは仁司と和樹で、そこに僕が歌とメロをつけたし、「明日へ」は岩井くんが作ったんですが、それも「曲を作ろう」という感じではなく、余った時間でいろいろと楽器をいじっていたらできちゃった、っていう感じなんです。「曲を作ろう」っていう時より、「上手くいかないからやめた」ってご飯食べたり、ゲームをしている間に、誰かが1人で作ったものがよかったりするんですよ。

Prev 1 2 3 Next

Profile

Galileo Galilei

音楽や映像が大好きだった尾崎雄貴(Vo/Gt)と尾崎和樹(Dr)の兄弟が母体となり、2007年、佐孝仁司(Bs)と北海道・稚内で“Galileo Galilei”を結成。2008年8月、10代限定フェス「閃光ライオット」で初代グランプリを受賞する。前ギター脱退を期に、Galileo Galileiの盟友バンドを率いて札幌を中心に活動していた岩井郁人(Gt)が、サポート・メンバーを経て、2009年11月に正式加入。2010年2月にミニ・アルバム『ハマナスの花』でメジャー・デビューすると、今年2月に1stフル・アルバム『パレード』、その後に2枚のシングルをリリース。4月には、Galileo Galileiの楽曲から誕生した映画『管制塔』(監督:三木孝浩)が公開されるなど話題を集める中、12月7日に6枚目のシングル「明日へ」が発売される。

オフィシャル・サイト:
http://www.galileogalilei.jp

Information

CD

『明日へ』

2011年12月7日発売
【期間生産限定盤】
SECL-1032 ¥1,300
【通常盤】
SECL-1031 ¥1,223

『さよならフロンティア』

SECL-998 ¥1,223

LIVE
『rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 11/12』

12/28(水) 幕張メッセ国際展示場

※詳細は、上記オフィシャル・サイトをご覧ください。

ページの先頭へ