Top
mnavi Interview
> Vol.56:土屋礼央(TTRE)

mnavi interview Back Number

Vol.56:土屋礼央(TTRE)

昨年、活動休止を発表したアカペラ・ボーカル・グループ“RAG FAIR”の主要メンバー土屋礼央が、ソロ・プロジェクト“TTRE(Today Tsuchiya Reinvent Entertainment)”を立ち上げ、3月、遂に1stアルバム『humour』を発表する。近況、アルバム、TTRE、すべての話に首尾一貫しているのは、彼のエンタテインメント性、つまり“おもてなし”の心。そこで、インタビューの最後にローランドの最新ソフトウェア「R-MIX」で“おもてなし返し”をさせてもらった。果たして、彼の反応は、いかに?

  • Check

TTREは自分自身にとって「僕が本当はこれがしたかったんです」というチャレンジ

─ ソロ活動をスタートさせるにあたって、“土屋礼央”名義ではなく、“TTRE”というプロジェクトにした理由から教えてください。

土屋:これまで、音楽以外のこともいろいろと取り組んで、マルチであることを“よし”としながら、その時々で「今はこう」という形でやってきました。それらすべてを一生懸命に突き詰めていくと、根底にあるのは1つだと分かったんですね。そこをTTREという1人の男の人生の軸にしていこうと。今までは、RAG FAIRやズボンドズボンというメンバーの人生も含めた真ん中を目指すことが、バンドとして一番健全だと思いながら他のことも同時にやってきたわけですが、今度は自分のソロをしっかりとやっていくために、プロジェクト名がある方が堂々とやっていけるんじゃないかと自分に素直に向き合ってみたら、こういう名前になったんです。

まあ、照れ隠しという面もあって、志村けんさんが、ハゲヅラを被って前に出る、みたいな(笑)。理想は、高倉健さんや渥美清さんのように、プライベートを見せずに、「この人は、普段何をしてるんだろう?」っていう感じ。そうは言っても、僕はプライベートを全部出しているんですよ。それをプライベートっぽく見せない。僕は「24時間オンステージ」が疲れないタイプなんですね(笑)。例えば、1日に10本の取材が入っていたら、僕は「のんびりできた」と捉えるんです。だって、僕が気持ちよく喋れるように、インタビュアーさんが質問を考えて来てくださるわけじゃないですか。これはもう、僕にとって最高のご褒美。うれしくて仕方ないんです(笑)。でも「自分が楽しい」だけで終わらせると、他に何か仕事をしないといけないじゃないですか(笑)。ところが、自分の趣味を、人が楽しんでもらえるところまで突き詰めると、それが仕事になるわけです。音楽に限らず、あらゆることがそうですよね。今はソロになって、そこをさらに突き詰めてみる時期なんだと思っています。

─ そうして昨年6月1日にスタートさせたソロ・プロジェクトですが、いきなり毎月1曲を配信リリースするというのは、かなり高いハードルだったのでは?

土屋:そうですねぇ。大人になればなるほど、失敗ができなくなるんですよ。RAG FAIRやズボンドズボンで何かチャレンジした時に、「あれダメだったね」っていうことになると、それはメンバーだけの問題ではありませんでしたから。そういうこともあって、TTREっていうのは、表向きだけでなく、自分自身にとっても「僕が本当はこれがしたかったんです」っていうチャレンジであって、今はずっと筋トレ中みたいな感じですね。毎月リリースに向けて、課題を作って、それをクリアすると、また新しい課題が見つかる。昨年はその連続で、こんなに自分が成長したと感じた期間は、生まれて初めてでした。

実はお酒をやめてから、人に会う時間が減った代わりに(笑)、かなり時間ができたんですよ。そこで、カリキュラムを組んで。小学生って、短期間ですごく成長するじゃないですか。あれって、時間割通りにキッチリと動いているからだと思ったんです。だから、自分も学校みたいにカリキュラムを組んで、8時間寝て、残りの16時間、トレーニングを含めて仕事をしたんです。もちろん、それが義務だと面白くない。「自分でカリキュラムを作ったんだ」っていうワクワク感があるわけです。まあ、友達は減りましたけど(笑)、これだけ時間があれば、そりゃ相当なことができますよ。周りからは「毎日忙しいでしょ?」ってよく言われるんですけど、いやいや、こんなに寝た年もなかったですよ。そもそも、疲れていると何も思い浮かびませんけど、体調が万全であれば、自然と鼻歌も出てくるし、アイデアも浮かぶんです。だから、責任を持って寝るんです。これほど自分と向き合ったことも初めてだったし、こんなにボイス・トレーニングをやったこともなかったですね。実は、今年から音楽の専門学校に行こうと思ってるんですよ。ちゃんと音楽を勉強し直そうと思って。だからもう、今は楽しくて仕方ないです。

─ これだけのキャリアを持っている土屋さんが、改めて音楽を勉強し直そうという姿勢には驚きましたが、そもそも土屋さんは、どのようなきっかけで音楽を始めたのですか?

土屋:これが僕は、誰かミュージシャンに憧れたとか、モテたいからといった理由が、まったくないんですよ。だけど、子供の頃から「音楽しかない」って思っていて。

─ それは何歳くらいの頃ですか?

土屋:中学1年生の時には、もう「音楽の世界以外で生きていくのは無理だ」と思っていました。でも、その時は卓球をやってたんですよ。卓球部なのに、先生に「僕は音楽をやっていきたい」って言って(笑)。頭の中で鳴っている音楽が、これはもう売れるもの以外の何物でもないと思ってたんです(笑)。それで、音楽ソフトを買って打ち込みを始めました。でも、楽器をまったく知らなかったんですよ。ドラムも分かってなくて、ただ「ドン!タン!」っていう音色がこのタイミングで入ると気持ちいいという作り方をしてたんです。それがバス・ドラムとスネア・ドラムだっていうことは、後になって知るわけですね(笑)。コードにしても「この響きが気持ちいい」というだけで、結果的にコードになっていたという感じでしたから、1曲作るのに3ヶ月くらいかかってました。頭の中で鳴ってる音を説明するスキルがなかったんです。でもその点は、実は今でも確立できたという感触はなくて、でも頭の中には音が鳴っている。頭でっかちなんですよ。もう死語ですけど、音楽的な新人類(笑)。それは、ものすごいジレンマで。だから、頭の中をポンポン説明できるように、もう早く学校に行きたいんです(笑)。

1 2 3 Next

Profile

土屋礼央(TTRE)

1976年9月1日生まれ。東京都国分寺市出身。6人組男性アカペラ・ボーカル・グループ“RAG FAIR”の一員として、2001年にミニ・アルバム『I RAG YOU』でデビュー。インディーズ・バンド“ズボンドズボン”のボーカルとしても活動し、以後、音楽のみならずテレビ、ラジオ、出版とさまざまなメディアで活躍。その一方で、スマートフォン・アプリ制作など、多彩な才能を発揮する。鉄道ファンとしても有名。2011年3月をもってRAG FAIR、ズボンドズボンの活動休止を発表し、2011年6月にソロ・プロジェクト“TTRE”として活動を開始。毎月1曲を配信リリースし、今年3月21日に1stアルバム『humour』を発表。東京と大阪でワンマン・ライブが予定されている。

オフィシャル・サイト:
http://ttre.jp/

Information

CD

『humour』

(2012年3月21日発売)

LIVE
『humour live』

3/23日(金) 渋谷O-EAST
3/25日(日) 大阪・umeda AKASO

※詳細は、上記オフィシャル・サイトをご覧ください。

ページの先頭へ