Top > mnavi Academy Piano > 第35回:HP307 その5♪~デジタルピアノを使いこなそう~

piano Back Number

第35回:HP307 その5♪~デジタルピアノを使いこなそう~

こんにちは~ 桜の季節が過ぎ去り、新緑のまぶしい季節になりましたね。生活環境に変化があった方も、少しずつ新しい生活に慣れてきたころでしょうか? 特に変化がなくても、春はなんだか、世の中の「気」がとてもフレッシュに感じられる季節ですよね。

そうそう、つい先日に仕事で宿泊したホテルのロビーから、ショパンやバッハなどの美しいピアノの音が流れてきました。誰か弾いているのかな? と思って行ってみたら誰もいない。よく見るとデジタルグランド、RG-7。

▲写真1:RG-7-R

「おぉーっ♪」と、思わず声をあげてしまいました。聴こえていた演奏は、クラシック名曲のミュージック・データでした。旅先で思いがけず「Roland」のマークが入ったピアノを見ると、懐かしい人に会ったような気持ちになって、うれしくなりますね。

学生時代に上京して、ローランドのデモンストレーターの面接を受け、“電子ピアノ(当時はこう呼んでいました)”と出会ってから早25年!! ローランドピアノ・デジタルとも長いお付き合いだなと、しみじみ思う今日この頃です。

さて前回は、お稽古事を始めやすい春! ということで、デジタルピアノの選び方についていろいろとアドバイスしました。今回は、デジタルピアノの話題をつれづれにお送りします。

▲写真2:スーパーナチュラル・ピアノ音源を搭載し、新しい音の世界をひらいたHP307

スーパーナチュラル・ピアノ音源化♪

現在、この連載で紹介しているデジタルピアノは昨秋に発売されたHP307です。これまでのローランドピアノ・デジタルと大きく変わった点は、「ピアノの音」でした。新製品の内覧会で初めてこのピアノの音を聴いて、そして自分で弾いてみて、とても感動したことを覚えています。それが、「スーパーナチュラル・ピアノ音源」です。

このスーパーナチュラル・ピアノ音源に関しては、HP307の製品紹介ページ内にある『「音」のチェック・ポイントを見よう!』をクリックして、その詳細をご覧ください。

そしてこの春には、これまでのローランドピアノ・デジタルが、新しい「スーパーナチュラル・ピアノ音源」となって続々と登場しています。

まず3月中旬に、おしゃれですっきりとしたデザインが人気のDPシリーズから、スーパーナチュラル・ピアノ音源を搭載した新製品「DP990F」と「DP990RF」が発売されました。

「DP990RF」は、「DP990F」の上位機種にあたる製品で、前回の連載でも、「コンパクトながら音も鍵盤も太鼓判」なオススメのモデルとして挙げました。スーパーナチュラル・ピアノ音源が搭載されたほか、指になじみのいい「PHAⅡアイボリー・フィール鍵盤(エスケープメント付き)」を採用し、さらに外装は高級感が漂う「黒塗鏡面艶出し塗装仕上げ」です! もう怖いものなしですね。

▲写真3:DP990RFは、コンパクトなスタイリッシュ・シリーズの中で、「音」も「鍵盤」も「デザイン」も最強です!

そして3月下旬には、エレガントなデザインで人気の「LX-10」に、新たにスーパーナチュラル・ピアノ音源を搭載してブラッシュ・アップしたモデル「LX-10F」が登場しました。

これら新製品の美しい音と指にフィットする弾き心地は、ぜひご自身で試弾して確かめてくださいね。

▲写真4:LX-10F

▲ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

Profile

笹田優美(ささだ ゆうみ)

笹田優美(ささだ ゆうみ)

国立音楽大学教育音楽学科在学中よりローランドのデモンストレーターとして活動。吉祥寺系アングラバンド"KORIE-DAN"でピアノ&シンセサイザーを担当し"曼荼羅" をベースに定期的にライブを行う。大学卒業後、高校教師(音楽科)を経て、ローランドの教材開発スタッフおよびクラシック、ポピュラー・ピアノ担当として後進の育成にあたる。現在、自宅スタジオMUSIC OASIS VERDEを主宰。レッスンの他、全国各地にて音楽指導者向けのセミナーを行う一方、コミュニティFM の生放送のパーソナリティや、音楽番組の企画・制作などでも活躍している。
趣味はバリ舞踊&アロマテラピー