Top > mnavi Academy Piano > 第42回:HPi-7F 徹底検証 その3 ~大人にもデジスコアPart2♪~

piano Back Number

第42回:HPi-7F 徹底検証 その3 ~大人にもデジスコアPart2♪~

こんにちは。今年も残り少なくなりました。みなさんにとって今年はどんな1年でしたか?

さて、この秋発売されたデジスコア・シリーズの新製品、HPi-7F。ピアノを勉強している人をサポートしてくれるさまざまなプログラムがあり、使えば使うほど、ついついピアノの前に座る時間が長ってしまいます。もちろん、うちのスクールの生徒さんにも大人気です。このHPi-7Fは、お子さん向けの楽しい機能はもちろんですが、ピアノ演奏のレベルが中級以上の方や大人が使いたくなるプログラムも新たに搭載されています。

そんなわけで、前回に引き続き、今回も『大人にもデジスコア♪』と題し、ピアノの練習教材の定番「ハノン」を使った[指の練習]や[ビジュアル・レッスン]など、レッスン機能を中心にお送りします。

HPi-7F

▲写真1:HPi-7F

ハノンに夢中♪

HPi-7Fの新しいレッスン・プログラムに、[指の練習]という「ハノンピアノ教本(→通称ハノン)」を使った指の基礎トレーニングがあります。ハノンはピアノ演奏の基礎テクニックを鍛える教則本の定番で、3部構成の60曲からなるピアノ教本ですが、HPi-7Fの[指の練習]では、ハノンの中でも基礎となる1番から20番までが入っています。ちなみに「ハノン」とは作曲者の名前です。

▲画像2:[指の練習]にチャレンジ。

▲画像3:ピアノのレッスンではおなじみの「ハノン」です。

曲を選んで演奏をスタートすると、自分の指の強さが画面のグラフで即座に目で見て確認できます。しっかり弾けた時には「リズムも音程も正確に演奏できています」というお褒めの言葉が出てきますが......これが結構きびしくて、何度やってもその言葉はなかなか出てこないんですよねぇ。

しかし、以前も少し触れましたが、ハノンは指慣らし的に、繰り返し弾いても意味がありません。もちろん速く弾くことが目的でもありません。

各曲が持っている"トレーニングの目的"を知ることが大事になります。どの指を鍛えているのか/指が鍵盤にあたる場所は正しいか/手の形は不自然でないか/音の粒は揃っているかなど......いろいろとチェックしながら取り組みましょう。

例えば1番。上行の前半は、左手の5の指(小指)と4の指(薬指)の間を広げ、下行では右手の5の指と4の指を広げる音型で、どの音も均等に揃えて、力強く弾けるようになることを目的にしています。

下の6番は、5本の指の中でも、特に5の指(小指)を鍛える練習です。

▲画像4:5の指を意識して1音1音をしっかりと弾きます♪

▲ハノン6番、4分音符=90。

課題の目的を理解して、丁寧に練習すると、確実にしっかりしたタッチが身についていくでしょう。

リズムのバリエーションや移調の譜面を見ながら♪

ハノンを勉強する時は、リズムを変えて演奏したり、調を変えたり、テンポを変えたりして練習します。一般のテキストには、移調譜やバリエーションは、譜面としては全曲掲載されているわけではありません。

しかし、うれしいことに、HPi-7Fのレッスン機能では、テンポはもちろん、移調やバリエーションのすべてを、譜面と自分のタッチのグラフとを目で見て確認しながら取り組むことができるのです。

▲画像5:バリエーション選択画面。

▲画像6:バリエーション演奏中♪

▲変奏が譜面になるのは、さすがデジスコア♪

移調して練習する手順

ハノンの6番をバリエーション7番で、さらに、ヘ長調(Fメジャー)に移調して練習する場合を想定して、手順を説明します。

【手順1】曲とバリエーション・パターンを選びます。

【手順2】操作パネルの[トランスポーズ]ボタンを押します。

▲画像7:移調して譜面になるのもうれしい♪

【手順3】[○]を押して[リンク・オフ]に設定します。

▲画像8:[リンク・オフ]を忘れずに。

【手順4】左右カーソルで右側の曲データの方を選び、上下カーソルで調を決定します。カーソルを押すたびに半音ずつ調が変わり、譜面も移調譜になります!

▲画像9:半音ごとに移調されます。

【手順5】ここで[5]を選ぶとヘ長調です。

▲画像10:ヘ長調の主音「ファ」は、ドの音から半音で数えて5つ上だからです。

【手順6】[×]を押して曲画面に戻り、パネルのテンポ・ボタンを操作して演奏したいテンポにします。

【手順7】[○]決定ボタンを押して、スタートです!

トランスポーズ機能はとても便利ですが、この場合[リンク・オフ]に設定しないと、鍵盤も移調した状態になるので気をつけましょう。

20曲の課題それぞれに14種類のバリエーションがあり、テンポや調も変更できますので、無限大の組み合わせで練習できます!!! 上級者まで、末永く活用できるレッスン・プログラムですね。

▲ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

Profile

笹田優美(ささだ ゆうみ)

笹田優美(ささだ ゆうみ)

国立音楽大学教育音楽学科在学中よりローランドのデモンストレーターとして活動。吉祥寺系アングラバンド"KORIE-DAN"でピアノ&シンセサイザーを担当し"曼荼羅" をベースに定期的にライブを行う。大学卒業後、高校教師(音楽科)を経て、ローランドの教材開発スタッフおよびクラシック、ポピュラー・ピアノ担当として後進の育成にあたる。現在、自宅スタジオMUSIC OASIS VERDEを主宰。レッスンの他、全国各地にて音楽指導者向けのセミナーを行う一方、コミュニティFM の生放送のパーソナリティや、音楽番組の企画・制作などでも活躍している。
趣味はバリ舞踊&アロマテラピー