Top
mnavi Academy Piano
> 第52回:レコーダーを使おう その2 ~CD-2i&R-05♪~

mnavi Academy piano Back Number

思い出のテープなどもデジタルに♪

テープやMD、レコードをデジタル化する時も、ライン録音と同じ端子を使います。その際の録音レベル調整も、前のページで紹介した「リハーサル機能」を使うと便利です。

自分でレベル調整する場合は、R-05は[INPUT(インプット・レベル)]ボタンで調整しますが、CD-2iの場合は、専用の[LINE/PHONO IN]ツマミで入力レベルを調整します。マイク録音の時と同様に、演奏が一番盛り上がるところ(音量が一番大きくなるところ)で、ピーク・ランプが一瞬点灯するくらいを目安にレベルを調整します。録音の際は、マイクでの録音時と同様に、ヘッドホンで録音の音をしっかりと確認しつつ操作しましょう。

引越しの度に持ち歩いている数々のテープ、思い出のレコードにMD……そろそろ私も、これらのレコーダーを使って、整理してみようかと思います。

▲画像4:そろそろアナログからデジタルへ......。(図はCD-2i)

SDカードでやりとりできる♪

CD-2iとR-05のあいだでは、『SDカード』で録音データを相互にやりとりすることができます。私は、普段はR-05を持ち歩いているので、録音はR-05を使い、その録音データをCD-2iで編集したり、CD化しています。

手順は、まずR-05からSDカードを取り出し、それをCD-2iに挿入します。CD-2iには新しいCD-Rを入れて、あとは[かんたんガイド]に従ってCD作成を行います。

SDカードに録音された何番目の曲を、新しく作成するCDの何番目に録音するのか、曲順も決められます。[かんたんガイド]に従って操作すれば、前回に説明した「ファイナライズ」まで、分かりやすく導いてくれますから、デジタル・レコーダーを使うのが初めての方でも安心です。

出来上がったCDを取り出すと、操作画面には「モウイチマイ ツクリマスカ?」と表示されますので、必要な枚数分、CDを作ることができます。

●録音モードについて

CD-2iでのCD化を前提にR-05で録音する場合は、R-05の録音モードを「WAV-16bit」、サンプル・レートを「44.1kHz」に設定しておいてください。

R-05の録音フォーマット(ファイル形式)は、音楽CDと同等、もしくはそれ以上の高音質録音が行える「WAV形式」に加えて、汎用性が高く長時間録音が可能な「MP3形式」でも録音できます。WAVとMP3の同時録音のモードもあるので、用途に応じて設定を変えられるのがうれしいですね。

私は、携帯音楽プレイヤーやパソコンで音楽を聴くという相手には、MP3形式で録音したファイルを渡します。MP3形式で録音したファイルは、WAV形式に比べてファイル・サイズが小さいので、メールに添付して送りやすいんです。遠方にお住まいの生徒さんとは、MP3で録音したレッスンのオーディオ・データをメールでやりとりしています。

音風景♪

昨年に一度、R-05について『第39回 気軽にレコーダーを使ってみよう~R-05(その1)~』という内容で紹介しました。その際、自宅のベランダで録音したウグイスの鳴き声を録音しました。

R-05付属の風除け(ウインド・スクリーン)を装着して、あとは録音ボタンを押しただけなのですが、とてもクリアな音質で録音でき、とても驚いた記憶があります。このサンプル音を聴いて「東京で録音したのですか!?」という反響も、あちこちからいただきましたが、耳を澄ますと、大都会の東京でもさまざまな自然の「音」が見つかりますね。

次の音は、原宿駅の音風景。仕事の移動中に、原宿駅そばの神宮橋の上で録音しました。

▲写真5:こうやって見ると緑に覆われた駅ですね。

▲9月に入っても蝉の声がします

原宿駅は、駅のホームと明治神宮が隣接しているので、大都会の中でも虫の声、鳥の鳴き声が楽しめる駅ですね。改札に行く通路の天井には風鈴が付けられていて、ごくたまに「チリリン」と音がして風情があります。

大学時代、「サウンドスケープ」という授業がありました。耳を澄まして、まず自分の住んでいる場所の音環境を探るところから始まり、例えば自分の部屋から聴こえる音の種類、その音までの距離、時間帯、音量、心地よさなどを地図にします。文学作品の中から「音」を感じる記述を書き出し、その時代の「音」を考察したりと、実に面白い授業でした。

それぞれの街には、色、匂い、食、音、がありますよね。レコーダーを持って街に出て「音」を拾いながら、あらためて自分の好きな街を歩いてみるのもオススメです。

レコーダーについて、徒然にお話しました。次回はまたデジタルピアノの話題に戻って、スタイリッシュ・シリーズから、人気の新製品FP-4Fをお送りします。お楽しみに♪

  • Check
Prev 1 2

Profile

笹田優美(ささだ ゆうみ)

笹田優美(ささだ ゆうみ)

国立音楽大学教育音楽学科在学中よりローランドのデモンストレーターとして活動。吉祥寺系アングラバンド"KORIE-DAN"でピアノ&シンセサイザーを担当し"曼荼羅" をベースに定期的にライブを行う。大学卒業後、高校教師(音楽科)を経て、ローランドの教材開発スタッフおよびクラシック、ポピュラー・ピアノ担当として後進の育成にあたる。現在、自宅スタジオMUSIC OASIS VERDEを主宰。レッスンの他、全国各地にて音楽指導者向けのセミナーを行う一方、コミュニティFM の生放送のパーソナリティや、音楽番組の企画・制作などでも活躍している。
趣味はバリ舞踊&アロマテラピー

ページの先頭へ