Top
mnavi Academy Piano
> 第55回:2011年秋のローランドピアノ・デジタル♪

mnavi Academy piano Back Number

LX-15♪

一方、11月下旬に発売されたのがLX-15。漆黒の輝きの黒塗鏡面艶出し塗装。美しい楽器ですね~。このようなピアノがお部屋にあるだけで幸せな気持ちになります。重厚感がありながら、奥行きは50cm以下とスリム。重さもアップライトピアノと比べ約半分の91kgと軽量でコンパクトです。

▲写真2:ローランドピアノ・デジタル LX-15

LX-15は、グランドピアノで弾いている時の豊かな演奏表現を追及したピアノ......ということで、実際に弾いてみました。ダイナミックな音も繊細な音も自然で、かつ、これまでになく「音の存在」を身体に感じました。「弾き応え」とはこのことでしょうか。LX-15では、音、鍵盤、ペダルはこれまでのローランドピアノ・デジタルの最高峰のものを搭載し、さらに新開発の「アコースティック・プロジェクション」というサウンド・システムで、合計6つのスピーカーからの音の響きが空間で溶け合った、自然で立体的で広がりのあるダイナミックな音場空間を作り出しています。

▲写真3:艶やかで上品なピアノです♪

LX-15でもう1つ注目したのは、音色です。従来の音色カテゴリーに新たに「Early」という音色カテゴリーが追加されています。「Early」には、「ピアノ」という楽器の原型でもある「チェンバロ(ハープシコード)」や「フォルテピアノ」の音色などが内蔵されています。作曲家がまさに、その楽曲を書いた当時の楽器音で演奏できるわけです。これに関してはまた次回に詳しくお話しますね。

V-Piano Grand♪

さて、今回は2011年秋に発表されたローランドピアノ・デジタルをざっと紹介しました。そうそう! 秋ではありませんが2011年6月には、V-Piano Grandが発売されました。

▲写真4:V-Piano Grand

V-Piano Grandは、最先端の技術を集結したデジタルピアノ。ホームタイプとはまた別格のグランドピアノです。この「V-Piano Grand」のデビューを記念して、春から秋にかけて著名なピアニストによるコンサート「V-Piano Grand ワールド・プレミア」が世界21カ国で開催されました。これはかなり話題になり、日本公演には行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか? V-Piano Grandは店頭やイベントなどで展示していることがあります。年末にローランドのピアノ・コンクール会場のロビーでも展示してあり、みなさん興味深そうに試弾していました。

▲写真5:楽しそうに連弾するピアノ男子クン♪

さまざまなデジタルピアノについて書きましたが、それぞれのピアノは実際に弾いて、その弾き心地を体験してみるのがいちばんです。ローランド・フォレスタにはローランドピアノ・デジタルのほとんどのラインナップを展示してありますので、お近くのローランド・フォレスタでじっくりと弾いてみてくださいね。

それではよい年末年始をお過ごしください~。

  • Check
Prev 1 2

Profile

笹田優美(ささだ ゆうみ)

笹田優美(ささだ ゆうみ)

国立音楽大学教育音楽学科在学中よりローランドのデモンストレーターとして活動。吉祥寺系アングラバンド"KORIE-DAN"でピアノ&シンセサイザーを担当し"曼荼羅" をベースに定期的にライブを行う。大学卒業後、高校教師(音楽科)を経て、ローランドの教材開発スタッフおよびクラシック、ポピュラー・ピアノ担当として後進の育成にあたる。現在、自宅スタジオMUSIC OASIS VERDEを主宰。レッスンの他、全国各地にて音楽指導者向けのセミナーを行う一方、コミュニティFM の生放送のパーソナリティや、音楽番組の企画・制作などでも活躍している。
趣味はバリ舞踊&アロマテラピー

ページの先頭へ