mnavi Academy

SYNTHESIZER V-Synth GT 第21回:Fantom-G 徹底分析 その12 ~楽曲の基礎となるベーシック・ループを作る~ 齋藤久師

皆さん、こんにちは! 齋藤久師です。前回に予告したとおり、Fantom-Gを使用した楽曲制作をスタートさせるわけですが、今回はその実践編の初回ということで、まずは楽曲の基礎となるベーシック・トラック用のループ制作から始めてみたいと思います。

このベーシック・トラックを完成させた後、次以降の回で何人かのゲスト・ミュージシャンを迎えて、シンセ・トラック以外のボーカルや生楽器などのダビング作業も行っていきます。Fantom-Gの大容量メモリーを活かしたレコーダー並みのオーディオ録音機能は、大きな魅力のひとつです。一般的に、ワークステーション・シンセを核とした音楽制作では、どうしてもMIDIを使った1人での打ち込み作業がメインとなりがちですが、Fantom-Gは強力なレコーディング機能を持っているので、さらに一歩進んだバンド感覚での楽曲制作が可能です。これによって、生み出される音楽性の幅を大きく広げることができるわけです。この点は、次回からじっくりと紹介しますのでお楽しみに!

それでは、曲作りをスタートしましょう!

楽曲の方向性を決める重要な「打ち合わせ」

楽曲制作の最初に行うのが「打ち合わせ」です。複数のメンバーで楽曲を制作する際には欠かせないものであり、ここで楽曲の方向性を話し合い、ラフなリズム・ループやベース・ラインといった、いわゆる「ベーシック・トラック」を作ります。

そこででき上がったベーシック・トラックをメロディ制作者に渡し、それを元にメロディと歌詞を付けてもらいます。

今回、メロディと作詞を担当してくれるのは、テクノの本場、デトロイトのレーベルLowResからデビューを果たした" himawari "のボーカリストlenaです。ワールド・ツアーを皮切りに、世界中で活躍している彼女に、メロディ、詞、そしてボーカルを担当してもらいます。

 

Profile:lena
18才で単身NYに渡米。イチカワタケシと共に音楽と映像のユニット"himawari"を結成。2001年にデトロイトのレーベルLowResよりデビュー。その後、NYとデトロイトでの活動を経て、2004年より東京に拠点を移して活動中。個人でも現代舞踏グループへの楽曲提供や、日本科学未来館などで上映のプラネタリウム映画で楽曲提供とナレーションを同時に担当。2007年、ソニーVAIOの欧米向けのキャンペーンにモデル/パフォーマーとして参加。2008年には世界同時開催されたイベント「Pangea Day」の公式フィルムのボーカルと演者を担当。フィルムはYouTubeなどでも公開され、世界中から30万以上のアクセスを記録している。
Himawariオフィシャルサイト:http://www.himawaring.com/

 
 

ここで、これまでの流れとこれからの進行を、一度整理してみましょう。

●打ち合わせ~ラフ・トラック制作(今月)
 ↓
●作曲/作詞
 ↓
●トラック・アレンジ
 ↓
●歌などの生楽器のレコーディング
 ↓
●ミックス

この順番で、制作作業を進めていくことになります。これは、比較的スタンダードなスタジオ・ワークの進行です。「自分でオリジナル曲を作ってみたい!」という方は、ぜひ覚えておいてください。

 
・ワンポイント

Fantom-Gには、便利で多彩な編集機能が備わっています。これらを活用することで、オーソドックスな作曲方法だけでなく、いろんなスタイルで曲作りをスタートさせることができます。

具体的には、楽曲のサビから作り始めたり、まずはフレーズの断片をたくさん作り、そこからアレンジ作業に入って、楽曲の構成を自由に変えていくといった手法も可能です。もちろん、優秀なオーディオ素材のタイム・ストレッチ機能も搭載されているので、録音後に曲のテンポを変更するということも、自在に行えます。

さらにFantom-Gは、PCとの連携性にも優れているので、Fantom-Gで録音したオーディオ・データをPCに転送したり、逆に外部機器で録音/作成したオーディオ・ファイルやMIDIデータを本体にインポート(取り込み)して、手を加えることもできます。

これらの先進性により、各メンバーのスケジュールや作業環境に制限されない音楽制作が可能となるのです。

つまり、メンバーの予定を気にすることなく、各人が好きな時間に自宅のFantom-Gで作業を行い、その結果(つまり、オーディオ・トラックやMIDIデータ)をメールやインターネット経由でやり取りしながら曲を仕上げていけるわけです。これならば、東京とニューヨークというように、物理的に離れた場所に住んでいるミュージシャン同士でも、レコーディングやセッションが、いとも簡単に行えてしまうのです。

 
Back Number一覧