Top
mnavi Academy Synthesizer
> 第59回:JUPITER-80連載その11:JUPITER-80のプリセット・ライブ・セットで楽曲制作~後編

mnavi Academy synthesizer Back Number

第59回:JUPITER-80連載その11:JUPITER-80のプリセット・ライブ・セットで楽曲制作~後編 第59回:JUPITER-80連載その11:
JUPITER-80のプリセット・ライブ・セットで楽曲制作~後編

  • Check

みなさん、こんにちは! 齋藤久師です。最近、CM音楽の制作で、面白い実験をしてみました。「たった1台のシンセサイザーで楽曲を仕上げる」という制約を自ら設けてみたのです。最初はどうなる事かと不安でしたが、これが見事に大成功でした!

その理由はいろいろと考えられますが、まずひとつに、使い慣れた1台のシンセサイザーを選ぶことで、感覚的なオペレートができ、イメージした音色が瞬時に作れるため、非常に時間が短縮できるのです。そして2つ目の理由として、同じシンセサイザーを使って、違う音を出そうという気持ちが高まるため、普段よりも一層、そのシンセのポテンシャルを深く引き出せました。

その制作では、録音方法も、マルチティンバーで一気にレコーディングするのではなく、1トラックずつ重ねていくやり方にしたため、心地よい緊張感と、音が重なっていくたびに得られる新鮮な気持ちを、レコーディングが終了するまで持続させることができました。みなさんも、制作で煮詰まった時などは、この方法をぜひ試してみてくださいね!

さて、前回に引き続き、JUPITER-80のプリセットだけを使用した曲作りの後半を、早速始めてみましょう!

▲写真1:JUPITER-80

前回のおさらい

前回は、USBメモリーを使用しながら、JUPITER-80のプリセット音色だけで、ドラム・トラック、シンセ・ベース、シンセ・パッドを重ねて、曲のベーシック・トラックを完成させました。ここで改めて、ベーシック・トラックを聴いてみてください。

▲写真2:JUPITER-80には、USBメモリーを使って、オーディオ・ファイル(WAV)で録音できるオーディオ・レコーダーを搭載しています。また、USBメモリー内のオーディオ・ファイル(WAV、AIFF、MP3)の再生も可能です。

それでは、このバック・トラックに"上モノ"を重ねていきたいと思います。

ステップ4:"上モノ"シンセ・ストリングスをダビング!

まずは、フェイズするシンセ・ストリングスのサウンドが気持いいプリセット・ライブ・セット「[03]C-8:Liquid Runner」を重ねてみましょう。

奥行き感のあるベル・サウンドと、リリースの長いシンセ・ストリングスのアンサンブルが、透明感のある響きを醸し出していますね。

▲画像3:プリセット[03]C-8:Liquid Runner(レジストレーション画面)

1 2 Next

Profile

齋藤久師(さいとう ひさし)

齋藤久師(さいとう ひさし)

91年ビクターエンターテインメントより日本初のテクノユニット“ガルトデップ”でデビュー。ユニット休止後、さまざまなクラブ系ユニットに参加し海外でのディストリビュートも積極的に行う。1996年より、ステージ衣装から機材などすべてを完璧に模したYMOの完全コピーバンド“Yセツ王”として活動。その後、松武秀樹率いる“Logic System”への参加や、チップ・チューンをフィーチャーしたユニット“8bit project”のメンバーとしても2枚のアルバムをリリース。また2010年には著書「DTMテクニック99(リットー・ミュージック)」を出版した。2011年には自身のユニット「pulselize」のリリースに伴い、neuron recordsを立ち上げ。また、代官山UNITサルーンにおいて毎月行われる、シンセを肴に呑む会「SynthBAR(USTREAM:http://www.ustream.tv/channel/synth-bar-blue-monday)」をプロデュース中。

Hisashi Saito Official Website:
http://www.neuronrecords.com/

ページの先頭へ