Top > mnavi Works > Vol.29:超絶ドラマー、ピエール中野(凛として時雨)が最新V-Drumsをプレイ

works Back Number

Vol.29:超絶ドラマー、ピエール中野(凛として時雨)が最新V-Drumsをプレイ

以前では表現できなかったフレーズも、
新しいV-Drumsならきっちりと追い付いてくれる

─ ピエール中野さんは、これまでにV-Drumsを演奏した経験はありますか?

ピエール中野(以下、N):昔よく、楽器屋さんでV-Drumsを叩いてましたよ。新しいV-Drumsは、その時の印象と比べて随分と変わりましたね。ものすごくよくなってると思います。ダイナミクスが、かなり出せるようになって、ガッツリといきたい時に、ちゃんとそのダイナミクスで鳴ってくれる。プレイしていて、ストレスがないですね。

─ 音源が新しくTD-20Xになったことで、スネアのロールやゴースト・ノートはもちろん、ライド・シンバルやハイハットでの繊細な演奏表現が可能になりました。特にハイハットに関しては、オープン/クローズのニュアンスが、かなりリアルになったと思います。

N:確かに、以前は「あれ?」と思うこともありました。ハイハットをきっちりオープンしてから叩かないと、オープン・サウンドが鳴らなくて「ここでクローズの音が鳴るのかよ」と思ったりしたこともあったりして(笑)。特に、僕はハイハットで細かいフレーズを叩くということもあって、そこは気になっていたんです。

─ アコースティック・ドラムでのプレイでは、叩いた瞬間からハイハットを開き始めたりといったハイハット・ワークをしますが、そういった複雑なプレイに対しても対応できるようになったんです。

N:そういうニュアンスを表現するのは、センサーで発音させるエレクトロニック・ドラムではかなり難しいことだと思いますが、以前では表現できなかったフレーズも、新しいV-Drumsではきっちりと追い付いてくれるようになりましたね。その点は、叩いていて違和感がありませんでした。それと、これは感覚的な話かもしれませんが、メッシュ・パッドのフィーリングがとてもよくなったような気がしました。スティックが跳ね返る感じが、とてもよかったです。

─ メッシュ・ヘッドの構造自体はこれまでのVパッドと変わっていませんが、メッシュ・ヘッドの張り具合もチューニング・キーで調節できるので、そこがベストの状態だったのかもしれません。

N:なるほど。ひょっとしたら、サウンドがよくなったことと、音のダイナミクスが向上したことで、感覚的にフィーリングまでよくなったように感じたのかもしれません。ただ、Vキックの感触は、確実によくなったと思います。

─ サイズが従来の12インチから14インチと大型化したことに加えて、全体の重量も増しているので、安定度が増しているんです。

N:この安定感は、ドラマーにとって大きいですよ。

─ ちなみに新しいVパッドやVキックは、カバリング・シートを自由に取り替えることができるようになったんです。後日、ブルーとレッドのカバリング・シート(CV-20KX)が発売予定ですが、自作のシートを使うことも可能です。

N:それは、アコースティック・ドラムに組み込んで使う際に、デザインのマッチングがよくなりそうですね。逆に質問ですが、アコースティックのドラム・セットにV-Drumsのパッドを組み込んでいるドラマーの方って、どのような使い方をしているんですか?

─ 例えば、青山純さんがMISIAさんのサポートをする際には、CDでは打ち込みの楽曲を、V-DrumsのTR-808やTR-909といった音色を使って演奏していました。村石雅行さんも、松任谷由実さんや中島美嘉さんのバックで同様のプレイをしたり、あとはRT-10Kなどのアコースティック・ドラム・トリガーを使って、生音とV-Drumsの音源を同時に鳴らしたりしています。

N:なるほど。シーケンス(同期)は使わずに、人間の生のグルーヴで、エレクトリックなサウンドを鳴らすということですね。それは面白い発想かもしれませんね。

─ 音色そのものは聴き慣れているビンテージ・リズム・マシンの音でも、人間が叩くと、また違ったニュアンスが出せますからね。

N:そのニュアンスを打ち込みで表現するのは、絶対に無理ですからね。今回の試奏で改めて感じましたけど、エレクトロニック・ドラムでここまでちゃんとグルーヴ感が出せるというのは、素晴らしいですね。

(取材に同行していたマネージャー氏): すごく楽しそうに叩いてたもんね(笑)。

N:だってさ、音がすごく気持ちいいんだもん(笑)。とにかくプリセットのキットが100種類もあるんですから、こりゃすごいですよ。

▲ページの先頭へ

  • 次のページへ

TD-20KX-S

デザインとハードウェアを一新した完全プロ・ステージ仕様TD-20KX-S

V-Drumsの最高峰として、高い信頼を受けるV-Proシリーズ最新モデル。ハードウェアの実用性/安定性が大きく向上し、ビジュアル面も強化された究極のプロ仕様V-Drums。

Profile

凛として時雨のプロフィール、および最新情報は、mnavi Interviewページをご覧ください。