Top > mnavi Works > Vol.31:注目のガールズ・ロック・バンド、ステレオポニーAIMIがボスeBandとセッション!

works Back Number

Vol.31:注目のガールズ・ロック・バンド、ステレオポニーAIMIがボスeBandとセッション!

同級生の友達と遊んだ記憶がないほど、
高校時代はバンドに打ち込んでいた

─ 2008年11月にシングル「ヒトヒラのハナビラ」でデビューして、ほぼ1年となりますが、この1年間はいかがでしたか?

AIMI(以下、A):デビューした頃は、まだ高校生でした。2009年の3月に、高校を卒業して上京してきたんです。だから、高校生の時が一番大変でしたね。学校に行きながら、沖縄から飛行機に乗って東京に来て、それでまた帰って。その頃に比べたら、今は移動も随分と楽になりました(笑)。

─ バンドを組んだのが高校に入ってからだそうですから、バンドを始めて約2年でデビューという、ものすごいスピードですよね。

A:そうなんです。3人とも楽器を弾けない状態でバンドを始めて、ずっと一緒なんです。ですから、他の人とバンドをやった経験もなくて、ずっとステレオポニーをやってきました。バンドの結成は、高校に入学した2006年の夏で、当時はただ楽器で音が出せるだけで、とても嬉しかったのを覚えてます。

─ では、楽器自体を手にしたのも、バンド結成時が最初だったのですか?

A:はい。それまでピアノをやっていたとか、何か音楽をやっていたということもないんです。高校に入って「ギターをやろう」と思ってから、ずっと弾いてきた感じです。

─ これだけの短期間でここまで演奏が上達して、メジャー・デビューするまでになったということは、かなりハードな練習を重ねてきたのでは?

A:「高校時代の想い出は?」って聞かれたら、もう、全部がバンドのことになるくらい練習してました。同級生の友達と遊んだりした記憶は、1つもないんですよ。

─ それって、体育会系の強豪部活と同じ状態ですね(笑)。

A:よくそう言われるんですけど、でも実際には、とてもアットホームなスタジオがあって、そこで練習したり、曲を作ったり、ご飯まで食べてたので、猛練習というよりも、ずっと自宅にいる感覚でバンドをやっていました。寝るためだけに、家に帰るという状態でしたね(笑)。

─ そこまでバンドに打ち込めた最大の理由は、何でしたか?

A:やっぱり、周囲の方が支えてくれたお陰です。メンバーも私を支えてくれていたし、バンドを支えてくれる先輩方もいたので。もし1人で練習していたら、きっと「弾けないよ、こんなの」って、ギターも投げ出していたと思います。

─ 楽器をやめてしまう、典型的なパターンですよね(笑)。

A:コードだって、そんなに急にマスターできませんからね(笑)。

─ ところで、バンドにはいろんな楽器がありますが、その中でギターを選んだ理由は?

A:ギターって、やっぱり魅力的じゃないですか。純粋に、そそられたんです。中学生の頃、まだバンドを組む前から、沖縄のインディーズ・バンドのライブをよく観に行ってたんです。ライブ自体が好きだったんですね。そうすると、やっぱり最初に目が行くのって、ギタリストやボーカリストじゃないですか。それで、ずっとギターをやりたいと思っていたんです。だから、単純に"ラブ"なんですよ(笑)。

─ 楽器を始めたばかりのバンドでは、一般的にはコピー曲を演奏することが多いと思いますが、かなり早い段階からオリジナル曲の制作に取り組んでいますよね。

A:周りにオリジナル曲で活動している先輩達がいたので、見様見真似で曲作りを始めました。ライブでも、カバー曲もやりながら、オリジナル曲をやるという勢いで。

─ 初めて楽器を手に取った時点で、やりたいことがはっきり見えていたんですね。

A:他のことは何も見えてないぐらい、無我夢中でした。同級生からすれば「何でそんな真剣にやってんの?」って思われてたかもしれません。遊びに誘われても行かなかったし、クラス会にも参加したこともないぐらい。

─ バンドを組んで2年でデビューして、それから1年経ったわけですが、曲を作る感覚も、この3年間で随分と変わったのでは?

A:まったく違いますね。まず「聴いてもらわなきゃいけない」っていう意識ができました。ただの自己満足だけなら、デビューしなくても曲作りはできるじゃないですか。やっぱり、作った曲を評価してもらうっていうことが、どれだけ大変なことなのかということが分かりました。ですから、音楽に触れる環境そのものが変わりましたね。私が音楽を聴く時も、常に耳を澄ませて研究してます。もちろん、本当に音楽が好きでバンドを続けているという根本的な部分は何ひとつ変わらないんですけど、アレンジャーさんやプロデューサーさんからもいろんな話を聞けて、とても刺激を受けています。

▲ステレオポニーのメンバー。左から、AIMI(Vo/Gt)、NOHANA(Ba)、SHIHO(Dr)。

▲ページの先頭へ

  • 次のページへ

自宅でギター・セッションが楽しめるギタリストのための新感覚オーディオ・プレイヤー

ボスGT-10クラスのエフェクト&COSMプリアンプを搭載し、お気に入りの曲を本体に取り込んで、自宅で気軽にギター演奏を楽しめるオールイン・ワン・プレイヤーeBand JS-8。

Profile

ステレオポニー

沖縄出身。平成生まれの女性ロック・グループ。2008年11月「ヒトヒラのハナビラ」でメジャー・デビューを果たし、2ndシングル「泪のムコウ」は、TVアニメ「機動戦士ガンダム00 -2nd Season-」の第2期オープニング主題歌に起用され、2009年2月23日付けオリコン週間チャートで2位を獲得。同年6月に1stアルバム『ハイド.ランジアが咲いている』をリリース。直後に行われた初のワンマンライブ・ツアーはソールド・アウトを記録し、追加公演として行われた赤坂BLITZ公演の模様は、DVD『1st Tour A hydrangea blooms 2009』として発売された。

オフィシャル・サイト:
http://www.stereopony.com/

Information

■CD
『ツキアカリのミチシルベ』【通常盤】

SRCL-7147 ¥1,223

■DVD
『1st Tour A hydrangea blooms 2009』

SRBL-1417 ¥4,500