Top > mnavi Works > Vol.42:シンガー・ソング・ライター、タカギマリコがデジタル・ピアノFP-7Fの魅力を満喫!

works Back Number

Vol.42:シンガー・ソング・ライター、タカギマリコがデジタル・ピアノFP-7Fの魅力を満喫!

ピアノの魅力は、楽器の中で一番ダイナミックに、 音の広がりと表情を感じられること

─ 1stミニ・アルバムは、どのようなイメージで制作したのですか?

タカギ:アルバム・タイトルが『a wonderland scorp』っていうんですけど、直訳すると「素敵な世界を見るメガネ」という意味なんです。(手を眼鏡のようにして、そこを覗きながら)こうやって覗いた時に、もちろん目の前の物がそのまま見えるわけですけど、そこにイマジネーションが加わることで別の何かが見えてきたり、いろんな空想が広がったりするじゃないですか。それと同じように、このアルバムを聴いてワクワクした楽しい気持ちになったり、公園でのんびりしている風景を想像してもらえるような作品にしたいと思って曲作りをしました。「パンケーキ」っていう曲の歌詞も、言葉だけ読むと「何なんだ、この曲は?」と思われるかもしれませんけど(笑)、それがメロディと合わさることでいろんな想像を巡らせられるようにしたかったんです。

─ ボサノヴァ系のサウンドをベーシックとしながら、ポップなテイストや、曲によってはジャズ的な要素も感じられた独特の世界観がユニークですね。そこにタカギさんの音楽的背景を感じたのですが、そもそも音楽を始めたきっかけは何だったのですか?

タカギ:小さい頃からクラシック・ピアノを習っていて、高校生の頃に、自分で曲を作り始めたんです。そして、大学に入ってバンドをやって。その頃から、将来的に何かしら音楽に関わりながら生きていきたいと思ってはいたんですが、実際に1人で音楽活動をするようになったのは、大学を卒業してからです。

─ 高校時代からオリジナル曲を作っていたということは、やはり自分の表現として音楽をやっていきたいという気持ちが強かったのですか?

タカギ:そうですね。誰かの曲をコピーして楽しむというよりも、自分の曲を演奏したいという想いはありました。

─ 作曲そのものは、どのように勉強したのですか?

タカギ:書籍で勉強したりもしましたが、やっぱり「いい音楽を聴く」ということが、一番の勉強になりましたし、すごく感化されました。20年や30年といった長い間、多くの人に愛され続けてきたいい音楽をたくさん聴くことで、それを自分なりに表現してみようと考えたんです。そうすることで、自分の中での音楽的なボキャブラリーが増えていったのだと思います。中でも、特にアントニオ・カルロス・ジョビンの音楽を聴いた時は、すごく衝撃的でした。これほどまでに、自然体で人の心に入ってくる音楽ってすごいと感じましたし、そういう音楽を私も作りたいと思ったんです。ジョアン・ジルベルトもそうですね。

─ アントニオ・カルロス・ジョビンの音楽に触れたきっかけは?

タカギ:学生時代に、インターネットの動画サイトで知りました。でも、おそらく小さい頃にも、父親が聴かせてくれていた気がします。日頃の生活の中で流れている音楽として素敵だなとは感じていたんですけど、自分の意志で調べて、その魅力を知ったのは、大学生の時ですね。

─ ご家族のみなさんも、音楽好きだったんですね。

タカギ:実は、私の父親がピアノの調律師で、小さい頃からよくコンサートにも付いて行ってたんです。父親の車の中でも「コンサートだとこのくらいだ」っていう爆音で、いろんな音楽を聴かせてくれて(笑)。ですから、ジャズも好きですし、クラシックや歌謡曲など、本当にたくさんの音楽を聴いてきました。音楽的な環境にはとても恵まれていましたし、今、音楽を作れているのも、そのおかげだと思っています。

─ たくさんの音楽に接してきたタカギさんにとって、ピアノという楽器の一番の魅力は何ですか?

タカギ:1つの音を鳴らしただけでも、音が広がって、いろんな表情を伝えられる点ですね。その味わいが、演奏する人や、その時の気分、場所によって変わってくるんです。もちろん、ピアノ以外の楽器でもそういう要素はあると思いますが、数ある楽器の中でも、一番ダイナミックに、音の広がりと表情を感じることができるのが、ピアノだと思っています。

▲ページの先頭へ

  • 次のページへ

音とタッチを磨いた"FP"シリーズ最新モデル

表現力豊かな「音」と演奏性を高めた「タッチ」、そしてボーカル・エフェクトやルーパー機能、高性能スピーカーを内蔵したホーム&ステージ両対応のデジタル・ピアノ。

Profile

タカギマリコ

きっかけはジョアン・ジルベルトとアントニオ・カルロス・ジョビンの音楽。彼らの音楽に「恋」をしたタカギマリコは、ふわふわと活動を開始する。独特な心地よいソフト・ボイスには定評があり、 mona records(下北沢)をはじめ、渋谷、六本木のライブ・ハウス、そして時には「素敵プレイス!」を発見しては、投げ銭ライブを行うなど多彩な活動を展開する。2010年7月21日に、初のミニ・アルバム『a wonderland scope』を発売。渋谷タワー・レコードや山野楽器等で絶賛展開中。

オフィシャル・サイト:
http://tarariran.net/
http://www.myspace.com/tmariko/

Information

■CD
『a wonderland scope』

MGRD-001
¥1,575