Top
mnavi Works
> Vol.52:JIM(THE BAWDIES)がボスの最新コンパクト2モデルを弾きまくる!

mnavi works Back Number

音の立ち上がりが速いから“ため”を作ったプレイがしたくなる。ギタリストにとって、弾いていて楽しい2つのコンパクト

─ 今回試奏いただいた2モデルですが、JIMさんだったらどのように活用しますか?

JIM:BC-2は、好みで言うとクランチのサウンドがすごく好きで、僕だったらプリアンプ的に使うかな。僕は、曲中でそこまで大きくサウンドのキャラクターを変えるということがないんですよ。どちらかと言えば、曲ごとにサウンドを変えることが多いので、1曲丸ごと踏みっ放しで、プリアンプ的に使ってみたいです。でも、曲中で突然ブリティッシュなコンボ・アンプの音が飛んでくるというのも面白いでしょうね。特にオマージュを絡めたりすると、すごく面白い活用ができそうだと思いました。

─ あとは先ほどもお話に出たように、自分のアンプを持っていない人が、ブリティッシュ・コンボ・アンプのサウンドを作る際のアイテムとしての活用法ですね。

JIM:そうですね。それともう1つ、純粋に歪み系エフェクターとして考えても、広く活用できるんじゃないでしょうか。個人的にも好きな歪みですし、こういう歪み方をするエフェクターって、他にはあまりないと思います。そこが「アンプの歪み」という部分なんでしょうね。ただ、繰り返しになりますが、このタッチ感やピッキングのニュアンスの感触を考えると、僕は1曲通して踏んでいたいタイプのエフェクターですね。

─ 一方のFB-2は?

JIM:これはもう、オモチャ感覚で楽しかったです。こういった、遊び心がいいですよね。もちろん、普通にブースターとしても使えるし、フィードバックもそうですが、アイデア次第でいろんな使い方ができそうに思います。

─ JIMさんは、2モデルともに音の立ち上がりの重要性をコメントされていましたが、やはりそれほど音の立ち上がりの速さは、プレイ自体に大きな影響を与えるのでしょうか?

JIM:もちろんそうですし、さらに言えば、ギター本体でも音の立ち上がりがいい楽器と悪い楽器があるんです。ですから僕は、ギターを買う時でも音の立ち上がりは細かくチェックするんです。いいギターって、自分の手の動きを追い越して音が鳴るような感覚があるんですよ。そういうギターは、弾いていて本当に気持ちがいいんです。だから、楽器やエフェクターを選ぶ際は、音の立ち上がりを重要視しています。そもそも、弾いた感覚と音の立ち上がりにタイムラグがあると、プレイしていて気持ちが乗りませんから。

─ 時間にするとほんのわずかな遅れだと思いますが、そこがストレスにつながっていくんですね。

JIM:ソロなんかは、特にそうですね。結局、先ほど言った微妙な“ため”を作りたくなるっていう話も、音の立ち上がりが速いからこそなんですよ。自分が「ここだ!」と感じた瞬間に思い通りの音が鳴ってくれないと、気持ち悪いですから“ため”れなくなるんです。この2モデルは、そこが思い通りに鳴ってくれるから、無駄に“ため”を作りたくなるんです。ギタリストのよくない部分、バンドにとって必要ないギタリストのエゴを出したくなるエフェクターと言えるんじゃないでしょうか(笑)。でもそれだけ、ギタリストにとっては弾いていて楽しい2モデルだと思います。今回の試奏は、とても楽しかったですよ(笑)。

▲JIM氏オススメのセッティング。BC-2(左)は、[SOUND]ツマミをクランチ気味にセットするのがポイント。[Level]ツマミは12時から2時くらい範囲が一番音抜けがいいとのこと。FB-2(右)は、ギターやピックアップの特性を加味して、[CHARACTER]はお好みで。[TONE]や[FEEDBACK]は、このあたりがJIM氏いわく「お楽しみゾーン」だとのことだ。

─ ありがとうございました。それでは最後に、JIMさんのようにギターをプレイしたいと思っている読者にメッセージをお願いします。

JIM:バンドマンとして言うならば、僕らTHE BAWDIESが持っているグルーヴって、当然テクニックも必要なんですが、それ以上に仲のよさから生まれる音楽のグルーヴという要素が、すごく大きいと思っています。もちろん、それだけではありませんけど、ロックンロールは楽しくやって欲しいと思ってるし、僕らは本当にいつも楽しんで演奏しています。だから僕らのライブを観て「楽しそうだな。バンドやってみたいな」って思ってくれたらすごくうれしいし、「こんなに楽しい楽器なら、自分もやってみたい」と思ってギターを始めてくれたら、これ以上うれしいことはないですね。だから自宅で1人で練習する時も、例えばまず自分の演奏をレコーダーに録音して、それを再生しながら別のパートを弾いてみるとか、1人だけでもセッションするような気持ちで弾くと練習が楽しめると思います。僕がロックンロールを始めた頃、ただの3コードを弾きたいっていう時も、僕はずっとチャック・ベリーのCDをリピートで再生して、チャック・ベリーと一緒にギターを弾いていたんです。本当に楽しかったですし、そうやって弾いていくと、辛い思いをすることなく上達できると思います。もちろん、いくら「楽しく」って言っても、楽器を演奏するには最低限やらなきゃいけないこともあるし、手が痛くなったりもしますけど、それすらも「演奏する喜び」と思って、楽器を続けて欲しいですね。

▲ボスBC-2

▲ボスFB-2

  • Check
Prev 1 2 3

Profile

THE BAWDIESのプロフィール、および最新情報は、mnavi Interviewページをご覧ください。

ページの先頭へ