Top
mnavi Works
> Vol.54:女性シンガー・ソングライターNIKIIEがデジタル・ピアノFP-4Fのサウンドに触れる

mnavi works Back Number

FP-4Fは、本当に“ピアノだ”と感じさせてくれる楽器

─ この鍵盤は吸湿性もあって、弾き続けていただくことで、質感がより指先に馴染んでくると思います。

NIKIIE:ライブの時などは汗をかくので、ツルツルした鍵盤だと大変なんです。特に黒鍵を弾く時に、指が滑って下の音を鳴らしてしまうと、その度に「ミス・タッチじゃないんです! 指が汗で滑ったんです!」って言いたくなります(笑)。そういう点でも、本当に弾きやすいですし、それに音がすごくいいですね。ちゃんと空気が鳴っている音がします。

─ 本体に内蔵しているスピーカーの取り付け位置なども、細かく工夫しているんです。

NIKIIE:一般的なデジタル・ピアノだと前面の左右にスピーカーが付いてますけど、このモデルは上からも下からも音が聴こえて、楽器全体が鳴っているような印象でした。ピアノを弾いていて、音がスピーカーからダイレクトに聴こえてしまうと、空間での鳴り具合が分からなくなるんです。アコースティック・ピアノって、音を発した後に空気の震えで別の音が聴こえる瞬間があって、そこがすごく好きなんです。でもデジタル・ピアノだと、そういうことがほとんどないので、ちょっと寂しく感じていました。でもこのモデルはきちんと空気が鳴っている感触があるし、音が鳴った時に鍵盤が震える感じもすごくいいと思います。1つ1つの音色もいいですし、たくさんの音色が用意されているというのがいいですね。

─ ピアノだけでも、クラシカルな音色からポップス向きのタイプまでが用意されています。しかもアコースティック・ピアノのように、タッチの強弱に対して無段階で音色が変化したり、自然な減衰音が得られる「スーパーナチュラル・ピアノ音源」が搭載されているんです。

NIKIIE:本当に響きが自然ですよね。曲を作る際は、音色によって書く曲が変わってきますから、何種類ものピアノが弾けるというのは、すごくうれしいです。ピアノの音の粒がしっかりしているので、ストリングスなど他の音色と重ねても音が濁りません。音を重ねるにしても、鳴らしたい音色のボタンを2つ押すだけなので、すごく分かりやすかったです。たくさんの音色が内蔵されていても、それを選ぶのに手間がかかるとあまり使わなくなりますけど、これは本当に操作が簡単で、取扱説明書を読まなくてもすぐにいろんな音を選べました。フルートの音色も本当に吹いているニュアンスが感じられるし、サックスも渋くてカッコいい! ジャズ・スキャットは面白いですね(笑)。こういう音色が使えると、曲作りの際にもアイデアが広がりそうです。

─ 内蔵のリズム&伴奏パターンに合わせて演奏できる「セッション・パートナー」など、ご家庭でもピアノが楽しめる機能もいろいろと用意されています。

NIKIIE:あらかじめ用意されているコード進行だけじゃなくて、左手で押さえたコードで演奏できるのは驚きました。しかも、ちゃんとセッションの終わりにはエンディングのパターンを演奏してくれるんですね。もう、カルチャー・ショックの連続でした(笑)。

─ (笑)。その他に、NIKIIEさんが活用してみたいと思った機能はありましたか?

NIKIIE:本体で録音した演奏を、USBメモリーにMIDIデータとして保存できるというのは、すごく便利だと思います。曲を作った時に、「こういう曲です」ってピアノを弾くだけなら簡単なんですけど、今はパソコンで曲のデータを作っているので、なかなか大変なんです。でも、この機能を使えばピアノを弾くだけで、簡単にパソコンにデータを転送させられるわけですから、作業がかなり楽になりそうです。曲作りにも優しいピアノですね。

─ MIDIデータをパソコンに取り込んで音楽ソフトを使えば、本体で録音したMIDIデータを編集することも可能ですし、別の音色に差替えるのも簡単です。また、USBメモリーにオーディオ・ファイルを保存しておけば、本体でそれを再生しながら演奏も行えるんです。今回は別売りの専用スタンド(KSC-44)で試奏いただきましたが、本体だけなら16.6kgと軽量なので、自宅だけでなく、ライブ会場への持ち運びにも便利だと思います。

NIKIIE:そんなに軽いんですか!? 同じくらい軽いデジタル・ピアノだと、一般的に鍵盤があまりよくないというイメージがあるんですが、こんなにいい鍵盤で、88鍵で、しかもここまでコンパクトなら、ストリート・ライブでも使えますね。私もストリート・ライブをしていた時期があったので、その頃に出会いたかったです(笑)。自宅で弾くにしても、このサイズはとてもいいと思います。ピアノって結構なスペースが必要なので、ベッドを置くか、ピアノを置くかって悩むじゃないですか(笑)。これなら、ひとり暮らしの部屋でも十分に置けると思います。本当に便利だし、使いやすいし、しかも音と鍵盤が本格的なので、本気で欲しくなりました(笑)。FP-4Fは、本当に“ピアノだ”って感じさせてくれる楽器だと思います。

  • Check
Prev 1 2 3

Profile

NIKIIE

3歳の時にピアノを習いたいと両親に懇願し、4歳でピアノ教室へ。周りと馴染めない混沌とした日々の中、ピアノと音楽に癒され育つ。自己表現として、16歳の夏に作詞・作曲、バンド活動を始め、17歳からソロ活動を開始。オーストラリア・ホームステイ時の経験がその後の音楽活動に影響を与える。高校卒業後、茨城から上京し、ライヴを中心に都内で活動。2010年12月1日、シングル「春夏秋冬」でデビュー。同曲は12月度FMパワープレイを42局獲得、歴代女性アーティストとしての史上最多獲得記録を更新し、今年7月に1stアルバム『*(NOTES)』をリリースした。

オフィシャル・サイト:
http://www.nikiie.com/

Information

CD

『*(NOTES)』

初回盤(CD+DVD)
COZP-515~516 ¥3,200

『*(NOTES)』

通常盤(CD) COCP-36815 ¥2,800

ページの先頭へ