Top
mnavi Works
> Vol.58:日本の音楽シーンを支える名ドラマーTOSHI NAGAIが最新V-Drums TD-30KV-Sでビートを奏でる!

mnavi works Back Number

ドラマーのやりたいこと、やれることが広がることで、新しいプレイ・スタイルが生まれる

─ 音源モジュールTD-30には全1,100音色を内蔵し、100種類のプリセット・キットを用意していますが、音色的な印象はいかがでしたか?

NAGAI:ナチュラルなアコースティック・ドラム系のキットから、生演奏でドラムンベース的な演奏ができるエレクトロなキットまで用意されていて、これがクラブに置いてあったら最高だろうなって思いました。しかも、演奏中でも一瞬にしてキットの入れ替えができるというのが面白いですよね。例えば、イントロはローファイ系のキットで、Aメロからハードな音色に変わるようなプレイをすれば、曲のメリハリも出せるし、何よりアコースティック・ドラムでは絶対に不可能なパフォーマンスができるわけですからね。

─ さらにリアルなサウンドの他にも、ミキシング・エンジニアがコンプレッサーやEQで整えたレコーディング向きのサウンドもプリセットされていて、これらは音源内部の処理だけで作ることができます。

NAGAI:コントロール・ルームのモニター・スピーカーから聴こえてくるようなサウンドですよね。レコーディングでは、そういったサウンドの方が、まとまりがいいですから、調整された音と、普段ドラマーがダイレクトに聴いているダイナミクスのある音の両方が鳴らせるという点がプロ仕様だなと思いました。しかも、音の被りがないわけですから、これはすごいことですよ。僕はよく、左足のペダルでタンバリンを叩くことがあるんですけど、タンバリン用にマイクを立てると、そのマイクがバス・ドラムの音まで拾ってしまって、結局はタンバリンの音量を上げられないんですよ。そういったライブの用途でも、V-Drumsは本当に便利ですよね。

─ V-Drumsならではという点では、パッドを叩くたびにシーケンサー的にコードを鳴らせて、ドラムでメロディを奏でるような演奏ができるユニークなキットもプリセットで用意しています。オリジナルのキーやフレーズを設定することも可能です。

NAGAI:これはすごく面白かった(笑)。僕はバンドやセッション以外にも、完全にドラムだけで行うライブっていうのにも、すごく興味を持っているので、こういうV-Drumsならではのパフォーマンスは、本当に楽しいですね。これなら、ドラマーが1人でライブをやることができるし、お客さんも、きっと聴いていて飽きませんよ。これはすごいアイデアだと思います。ドラマーのやりたいこと、やれることが広がることで、新しいプレイ・スタイルが生まれるでしょうね。ピアニストがピアノでソロを弾くのが当たり前のように、ドラマーも、V-Drumsをソロ楽器としてプレイできるようになると、これはドラマーにとって、すごく楽しいことだと思います。

─ さらに新しい機能として、オーバーヘッド・マイクの音をシミュレートできるようになりました。

NAGAI:アンビエンスを足すことができるんですね。ダイレクト音にアンビエンスを混ぜることで、ステレオ感や奥行き感も出てきて、部屋が広くなったような響きになりますね。

─ このオーバーヘッド・マイクと、ルーム・アンビエンス、そしてリバーブの3つで音色をコントロールできるので、例えば「残響はいらないけど臨場感を出したい」といった音作りにも対応できます。また、デジタル楽器のメリットを活かした機能として、USBメモリーに保存したオーディオ・ファイルを本体で再生しながら演奏できる「ソング・プレーヤー機能」も搭載しています。

NAGAI:じゃあ、例えばGLAYのツアー前に、曲を聴きながらフレーズや構成を確認したり、マイナス・ワンのデモ音源をもらって、それを鳴らしてフレーズを練るということも簡単にできるんですね。これは便利ですね。今だと、わざわざスタジオに入って、ヘッドホンで聴きながらやっているので、それと同じことが自宅で手軽にできるというのは、とてもうれしいことだと思います。

─ アマチュアであれば、楽曲の再生スピードを落として練習するといった使い方もできます。

NAGAI:再生スピードを変えても、ピッチが変わらないんですね。それなら、ドラムの速いフレーズで、どういう手順で叩いているのか分からない部分を、ゆっくりと再生して探っていくということもできますね。もちろん、自分で叩いたパターンを録音することもできるんですよね?

─ MIDIデータで音源モジュールに録音できますし、後からクオンタイズをかけるといったことも本体で行えます。

NAGAI:以前に、最初に話した地元にあるV-Drumsを使って、ドラムだけを録ったDATをもらって、その上から他のパートを重ねて作品を作ったことがあるんです。無理をして響きのよくない小さなスタジオで、状態のよくないアコースティック・ドラムを録るくらいなら、ドラムはV-Drumsで完璧なサウンドを録音して、あとのパートは、それこそマンションの一室でダビングして楽曲を完成させるということも、十分にできますね。

─ そういったレコーディングを考慮した機能も搭載していますし、ライブをサポートする機能も充実させています。内蔵している音源そのものも、ライブPAで鳴らした時に、バス・ドラムの低音、シンバルの高音がしっかりと鳴るように作り込んでいますし、これまでデジタル音源が苦手としていた他パートとの混ざりやすさも、緻密に調整しています。

NAGAI:ああ、ディストーション・ギターが鳴ると、電子ドラムのサウンドがマスキングされてしまうといった問題点ですね。そこも、音源そのものの段階で改善されているんですね。十分にプロのライブ、レコーディングで使えるクオリティだと思いますよ。

Prev 1 2 3 Next

Profile

TOSHI NAGAIさんのプロフィール、および最新情報は、mnavi Interviewページをご覧ください。

ページの先頭へ