Top
mnavi Works
> Vol.59:松本誠治(the telephones)がV-Drums TD-15KV-Sのナチュラルさと先進性を体感チェック

mnavi works Back Number

ドラムを叩きながらシンセ的な音作りの知識やメロディで遊ぶ感覚が身に付いて、音色をチョイスする幅が広がっていく

─ トレーニング用途としては、正確なタイム感を身に着けられる「タイム・チェック」などの「コーチ・モード」を搭載していますし、生演奏の迫力あるサウンドの内蔵練習曲と一緒にプレイすることもできるようになっています。

松本:単にメトロノームに合わせて叩くのと違って、曲に合わせて演奏できるのは楽しいですよね。それに、USBメモリーのオーディオ・データ(WAV/MP3)も再生できるから、自分の好きな曲に合わせて演奏できるというのがいいですね。この機能を使えば、ドラムを抜いたデモ音源をもらって、それを聴きながらドラムのフレーズを考えるといったこともできますもんね。

─ さらに音源をPCとUSB接続すれば、SONARなどのDAWソフトに録音も可能です。

松本:練習やライブだけでなく、曲作りにも便利そうですよね。自分のフレーズを確認するなら、QUICK REC機能ですぐに録音して、それを客観的に聴けるし、プロのプリプロにも十分な機能だと思います。アマチュアでも、曲作りのたびに毎回スタジオに入るのはお金がかかるし、V-Drumsをバンドで割り勘して買っても、その価値は十分にあると思いますよ。ドラマー的には、プレイだけでなく、チューニングの勉強にもなるんじゃないかな。ドラムのチューニングって、他の楽器と違って、すべて耳で判断しなきゃいけないじゃないですか。それがV-Drumsのように、簡単にピッチを変えられるのであれば、逆にこれを目安にして、じゃあ実際に生のスネアをチューニングしてみようかって、お互いをリンクさせられると、ドラムを扱う技術を向上させられそうな気がします。

─ 確かに、ドラムのチューニングは、特にビギナーにはとても難しいですよね。

松本:そもそもドラムを始めたばかりの頃って、チューニングの意味も、ミュートも、スナッピーの感触も、よく分からないじゃないですか。だから、バンド・サウンドに埋もれないように、どんどんスネアのピッチを上げて、ヘッドをパンパンに張ってしまう(笑)。そうやって、一度張る方向にいくと、なかなか戻すことって、できないんですよ。でも、V-Drumsのように簡単にピッチを下げられれば、「この曲には、ピッチが低いスネアの方がカッコいい!」っていう発見もできると思うんです。それに、ドラムとして当たり前に使えながら、普通のドラムじゃ出せない面白い音もたくさんあるから、ドラマーが、リズム以外の音に意識を向けやすくなるように思います。

─ 最初に伺った「他の楽器を見れるように視線が変わった」というお話に通じますね。

松本:確かにそうですね。ドラムだけを触っていると、エフェクターやシンセ的な感覚って、なかなか身に付きにくいんですよ。それがV-Drumsなら、ドラムを叩きながらシンセ的な音作りの知識や、メロディで遊ぶ感覚が身に付くから、音色をチョイスする幅が広がっていくと思うし、そうなると、自然と耳がリズム以外のところにも向けられるようになるように思います。だから、ドラムという楽器に対して先入観が固まってない人ほど、面白い使い方を発見できる楽器なのかもしれませんね。

─ もし松本さんがV-Drumsを使う場合、どういう機能を活用してみたいですか?

松本:たくさんありますが……やっぱりチューニングですね。例えばライブでも、メイン・スネアがありつつ、曲ごとに最適なスネア・サウンドを追い求めたい時に、スネアを何台も用意しなくても、瞬時にピッチや音色を切り替えてプレイできるわけですから。イントロはこれ、Aメロからサビはこれ、ドラム・ソロはこれって、曲中にキットごと音色を切り替えるなんて、アコースティック・ドラムでは絶対にあり得ないことですからね。しかもそういったことが、こんなにスピーディに行えるという点が魅力的です。あと、個人的には、もっと鬼コーチに鍛えてもらおうかなって思います(一同爆笑)。

─ 「コーチ機能」ですね(笑)。

松本:でもマジで、コーチ機能で100点を出せるようになると、何だか鬼コーチに「よし!」って背中を押されるような感覚があるじゃないですか。そういう意味でも、すごく練習にもなるし、遊び感覚でも楽しめますよね。遊びからマジまで、全部用意されている。そこがすごいと思います。

V-Drumsもそうだし、SPD-SXも使っていて、今、ドラマーとしてとても楽しいです。ドラムのエレキ化って、すごく可能性を感じるんですよ。ロック・バンドの中で、ドラムって一番アナログな楽器で、エレキ化の歴史も他の楽器に比べるとまだまだ浅いじゃないですか。でもそれって、これからまだまだ進化していけるということだから、これからV-Drumsが進化していくことで、ドラムという楽器がどう発展していくのか、すごく楽しみです。

▲TD-15KV-S

  • Check
Prev 1 2 3

Profile

the telephones

2005年、埼玉北浦和にて結成。石毛輝(Vo/Gt/Synth)が創造する楽曲と、エネルギッシュな個性あふれるステージング、独自のダンサブルなエレクトロ・サウンドで動員を増やし、2009年7月、フル・アルバム『DANCE FLOOR MONSTERS』でメジャー・デビュー。2011年7月、レコーディングのために渡米し、NY在住のエンジニア、アレックス・ニューポートとフル・アルバム『Rock Kingdom』を完成させると、12月には結成6年目にして、地元であるさいたまスーパーアリーナで『SUPER DISCO Hits FINAL!!! -そして伝説へ-』を開催。2012年2月にはバンド史上初の日本語詞に挑戦したミニ・アルバム『D.E.N.W.A e.p』を発表。3月末より全国ツアー「D.E.N.W.A KINGDOM TOUR」をスタートさせ、4/29~5/7までの期間で、東京・渋谷CLUB QUATTROで6days公演を行う。

オフィシャル・サイト:
http://thetelephones.net/

Information

CD

『D.E.N.W.A e.p.』

TOCT-22313 ¥1,500

『Rock Kingdom』

TOCT-27095 ¥2,800

LIVE
『D.E.N.W.A KINGDOM TOUR』

(4/29以降の日程)

4/29(日) 東京・渋谷CLUB QUATTRO>
4/30(月) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
5/3(木) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
5/4(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
5/6(日) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
5/7(月) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

『UKFC on the Road 2012』

7/25(水) 大阪・BIGCAT
7/26(木) 名古屋・CLUB DIAMOND HALL
8/1(水) 新潟・LOTS
8/2(木) 仙台・Rensa
8/14(火) 東京・新木場STUDIO COAST
8/24(金) 福岡・DRUM LOGOS

『GREEN ROOM FESTIVAL‘12』

5/19(土) 横浜・赤レンガ地区野外特設会場

『LACHIC presents SAKAE SP-RING 2012』

6/2(土) 名古屋市内ライブ・ハウス
6/3(日) 名古屋市内ライブ・ハウス
(the telephonesは、どちらか一日に出演)

マキシマム・ザ・ホルモン
『オヤジ狩られTOUR 2012』

6/14(木) 大阪・Zepp Namba

※詳細は、上記オフィシャル・サイトをご覧ください。

ページの先頭へ